日記

劇映画とドキュメンタリー

幼い頃から映画が大好きで、ちょっとした時間を見つけては映画
を観たり、サントラを聞いたりして過ごしていることが多かった
ですが、劇映画は現実世界のことが美しく作品として結晶化した
ものであって、衝撃的に感動するというよりも、じんわり感動に
満たされるという感じを受けることが多いと感じています。

一方、ドキュメンタリーは、衝撃的に感情を揺さぶられることが
多く、それは、生々しい現実をそのまま映し撮ったものであるか
らでしょう。

劇映画は、たとえノンフィクションを扱った作品であったとして
も、非現実を描写していると言って良いでしょう。

ドキュメンタリーは、現実をそのまま映すからこそ、たとえ静か
な映像であったとしても強烈なインパクトがあり、いつまでも
忘れられないような強い印象を与えるのです。

「事実は小説より奇なり」

と言われますが、現実世界では、誰も想像しなかったようなこと
が日々たくさん起きています。

今日の音楽

長江/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.