日記

古本にあった落書きが心に残りました

故郷の父親が送ってくれた古本の表紙の裏に、マジックインキの
太い手書き文字で、

「男の子はつよく、やさしく
 女の子はやさしく、つよく」

と書かれているのを発見して、しばらくの間、じっとその言葉を
胸の中で噛みしめました。

その本は、卒園する子供たちに幼稚園からプレゼントされたもの
らしく、園長先生が書いたものではないかと思われました。

古本というのは、このように前の持ち主の証拠が残されている
ことがあり、それが面白いところです。

新品の本では、本の内容以外の部分でこのように心が動かされる
ことはありませんから。

「男の子はつよく、やさしく
 女の子はやさしく、つよく」

本の内容よりも、この落書きの言葉が、心に強く残りました。

今日の音楽

なつかしい日々(Lifeバージョン)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.