日記

どこで満足するか

これで良い、これで完成、こうなったら終わりというような、
物事の終着点は人それぞれ違います。

それによって、仕事の質や暮らし方、人生の色彩に至るまで
ありとあらゆることに違いが出てきます。

人それぞれ違うその終着点は、満足のレベルに左右されます。

その人が満足した瞬間に、その物事は終着するのです。

その道を究めようとするプロたちは、いつまでも、どこまで行っ
ても決して満足することはないと言われます。

まだやることがある。もっと改善できるはずだ。

そんな風に考えて、永遠に満足することはありません。

その点で、不幸せであるということもできるでしょう。
なぜなら、満足することが幸福感につながっているからです。

他者に抜きん出て、どんなに高い水準まで自分を高めることが
できても、決して満足することができないのであれば、その人は
すごいですが、幸せではないと言えるでしょう。

しかし、ある狭い分野において自分は決して満足することはなく、
人生を通してずっと高みを目指し続けると決めた自分自身に対し
ては満足感を得ることができます。

つまり、不満を感じながら、そのような状態に身を置き続ける
ことに対しては、満足して幸福感を得ることができるはずです。

今日の音楽

ある秋の物語(ピアノ)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.