日記

言葉と心

言葉と心を一致させることを考えてみると良いでしょう。

なぜなら人間は、口から出た言葉と心の中にある本当の気持ちが
一致していないことがほとんどであり、そのことによってストレ
スを溜めこんでしまったり、感情がブレて正しい判断ができなく
なってしまうからです。

言葉が心を越えてしまうことが多いですね。

その場を保ちたいために本心ではないことを言ってしまったり、
スケールを拡大して言ってしまったり、ありもしないようなこと、
嘘を言ってしまうこともあるでしょう。

心の中にある本当の気持ちは、そんなものではないはずです。

言葉と心を一致させるためにはどちらかをどちらかに近付けて、
二つの間の距離をゼロにすることが必要なのですが、心を言葉に
合わせていくとストレスばかりが増大するでしょう。

ですから、言葉を心に合わせるようにしましょう。

悲しい想いをしていたら「わたしは今、悲しい」と言います。

楽しい想いをしていたら「わたしは今、楽しい」と言います。

1を思ったら、10や-10とは言わず、1と言います。

赤だと思ったら、青や黒とは言わず、赤と言います。

何か言葉を発する時には、まず自分自身の心を見てみましょう。

今日の音楽

禁じられた踊り/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、マカロン、チョコレート、林檎のブランデー、高い所、バラの花。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。