日記

理論は実践の後に

音楽を作る上では、やってはいけないこと(禁則)などが
和声法や対位法などという理論の下に体系付けられています。

これをしっかりと学ぶことはとても大切なことでしょう。

しかしながら、これに縛られてしまって、
自分の思いのままに音楽を作ることができないというのは
寂しいものです。
音楽は自由なものであるからです。

どんなことでもそうですが、特に芸ごと・創作ごとにおいては、

「気持ち良いと感じるか感じないか」

がもっとも重要なコンパスとなるでしょう。

そして不思議なことに、
「気持ち良いもの」を目指して作り上げたものを、
後になってから理論に照らし合わせてみると、
そこから大きくははずれていないということに驚きます。

「だったら最初から理論書の通りに作ればいいじゃないか。」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
実際はなかなかそうはうまくいかず、理論書の通りに作ると
あまり面白くないものができてしまうのです。
(もしも理論書の通りに実践して良いものが作れるのなら、
理論書さえ勉強すれば誰でもその道のプロになれるでしょう。)

まず「心のままに実践」して、
その後で「理論でチェックする」というのが良いようです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。