日記

8時に寝て、3時に起きる

「山谷さんからのメール、朝早くてびっくりしました」

とよく言われます。

睡眠時間について尋ねられることもよくあります。
僕は自営業をしているため、何時に起きて仕事をして
何時に寝るか、気になる方がいらっしゃるのでしょう。

以前は、かっこつけて、これでも音楽家なのですから、

「夜型人間」

に憧れていて、本当にそのような生活を送っていました。
(憧れると生活習慣も自然にそのようになるものです)

昼頃に起きてきて、そのまま制作に入ります。
そしてそれが、明け方の5時くらいまでぶっ通しで続く、
という生活です。

「夜は街のノイズが消えて、作曲がしやすい」

などとほざいておりました。(お恥ずかしい)

しかし、これは人間の生活ではない、こんなことでは、自然の
美しさをそのまま切り取ることを目指す芸術の創作など、
できるはずはない、と思うようになりました。

美しいものを生み出すには、日昇と共に目覚め、労働に励み、
日没と共に眠る、という「動物」と同じにならなければ、
うまくいかないと思ったのです。

そこで、ガラリと生活スタイルを変え、夜0時前には必ず眠り、
朝5時には起きて、いきなり仕事に取り掛かる、
という現在の生活リズムになったというわけです。

もちろん仕事の内容によっては、以前のように深夜ぶっ通しで
作業することもありますが、基本軸はそこには無く、
早寝早起きが通常営業スタイルとなっています。

8時には寝てしまうこともあります。
子供よりも早寝ですね。

3時には目が覚めてそのまま活動を始めることもあります。
まるでおじいちゃんですね。

今日の音楽

朝の散歩/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。