日記

仕事と勉強

「仕事で勉強してはいけません」

とおっしゃる方がいました。

お金をいただく仕事を、自分のスキルアップのための場としては
いけないということなのでしょう。

また、

「仕事は現場でしか勉強できない」

とおっしゃる方もいました。

机上の勉強のほとんどはそのままでは役に立たず、
具体的な行動を伴う仕事の場でしか生かすことができない
ということなのでしょう。

どちらも真実であり、そのどちらか好きなほうの考え方を
自分で選べば良いと思います。

僕は

「仕事のひとつひとつは勉強の機会である」

という後者の意見に心を寄せています。

お金をいただく厳しい仕事の現場ではありますが、
だからこそ本当のことを学べるはずですし、そうやって自分を
強くして、次の仕事に立ち向かう姿勢が必要だと思っています。

仕事なのですから失敗は許されないのであり、そのため、

「勉強=命がけ」

という図式もできあがります。

勉強というのは、厳しく、切羽詰まった状態でするのが
一番身に付きます。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。