日記

男性はいつまでも8歳、いつまでも母親探し

今日は僕の母親の誕生日ですので、
お母さんというものについて書いてみたいと思います。

まず、全ての男性は例外なくマザコンであると言えるでしょう。

お母さんについて特に何もしなくても、言わなくても、
いつも心のどこかでお母さんのことを考えています。

それは自分自身にさえ気が付かないことで、無意識の範囲のこと
であり、知らず知らずのうちにお母さんの影響、イメージに
行動や思考が向いてしまいます。

女性はよく好きな男性に対して、

「お母さんではなく女性として見られたい」

などと言いますが、男性にとって、お母さんと女性は同義語です。
つまり、もしもお母さんのように見られたり扱われたりしたら、
その他大勢の女性とは違う想われ方、特別な想われ方をされて
いるということになります。

あなたの知人の男性をよくご覧なさい。
セクシーな美人とさんざん付き合ってもなかなか結婚しなかった
くせに、その挙句の果てに、ある日突然、
まるでお母さんのようにふわっとした柔らかい存在の女性と
瞬く間に結婚してしまった人がいるのではないかと思います。

セクシーな美人は、性欲の対象か仕事上のアクセサリーとして
しか扱われず、多くの男性は結局はお母さんのような女性と
暮らすことを選択してしまうのです。

このような男性の本性を知らずに間違った方向に努力してしまい
悲しい想いをしてしまった経験をお持ちの女性が
ずいぶん多いのではないでしょうか。

僕は

「全ての男性の成長は8歳で止まる」

と考えています。

40歳の中年男性も、80歳のおじいちゃんも
中身はみんな8歳のままです。

そのため、いつまでたっても心のどこかで「母親探し」を
してしまいます。

それを逆手に取ると、

「男性を扱う時には、
 8歳の坊やに接するようにすると上手くいく」

と言うことができるでしょう。

女性にとっても少なからずそうでしょうが、特に男性にとっては、
お母さんの存在は強く、印象的で、恐ろしいものなのです。

お母さん、お誕生日おめでとうございます。

今日の音楽

Happy Birthday To You(オルゴール)/制作:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。