どんなことをする場合でも常に「余白・余剰」を生み出すことを
意識していたいと思っています。

たとえば、何かの準備をする時、必要最小限の準備からあとほん
の少し、数値で言うなら、10~30%ほど余計に準備します。

たとえば、仕事をする時、必要最小限の仕事をして納品するので
はなく、あとほんの少し、数値で言うなら、10~30%ほどの価値
を上乗せすることを意識します。

また、鞄に物を詰め込む時、ギッシリ詰めるのではなく、
10~30%ほどの余白を鞄の中に残します。

収納は常に10~30%ほどの余白を維持することを意識して、
その余白に新しいものをしまい込むのではなく、その余白が
侵されないように、日々物を増やさないことを心掛けます。

人に悪さをされた時にも、通常であれば怒ってもよいと思われる
ポイントから10~30%ほどの猶予を設けて、大目に見てあげる
ことを意識します。

このように自分自身が行うあらゆることに余裕を作り出していく
ことがとても重要であると最近思うようになりました。

そして、人から何かしてもらった場合はこれとは真逆になります。

つまり、自分が望んでいたものよりも10~30%ほど少なかったと
しても、それで満足するように心掛けると良いでしょう。

今日の音楽

美しい雨(バージョン3)/作曲:山谷 知明