ホームページのお問い合わせ画面などの所謂メール送信フォーム
ですが、入力する項目があまりにも多く、送信すること自体を
止めてしまったという経験をお持ちの方は結構いらっしゃるので
はないでしょうか。

先日アクセスしたホームページのお問い合わせ画面は、項目が
羅列されたリストのようなものではなく、一問一答のように、
ひとつの質問に対して答えを入力して画面を送ると、次の質問が
出てくる、というようなものでしたが、いったいいくつ質問され
るのか把握できなかったため、入力しながら不安を覚えました。

同じようなタイプのお問い合わせ画面でも、
右側にドットによるナビゲーションが用意されていて、

「質問は全部で10個あり、現在はその7番目」

というように瞬時に認識できるようなものは、
安心して入力することができました。

また、最近ではブログの記事の一番上に、

「この記事は約3分で読めます」

などと親切に書いてくれているものもよく見かけます。

時間は有限であるということと、忙しい現代人にとって、無限に
広がるインターネットは時間浪費のブラックホールのようなもの
ですので、不安を感じてしまうのです。

そのような不安を解消するために、

「ゴールを示す」

という方法がとても有効です。

日々の仕事でも終わりの見えないことをやっている時というのは
不安や無気力を生み出す原因となってしまうこともありますが、
ゴールが見えるとたちまちやる気が出てくることもあります。

「大きな目標を設定し、それはたまに確認する程度にする。
 大きな目標を分解した小さな目標をたくさん作り、
 その小さな目標をひとつひとつクリアすることに集中する」

ということを以前書きましたが、
今日もまた同じことを書きました(笑)。

今日の音楽

あきらめない者たち/作曲:山谷 知明