人間の心というものは不思議なもので、「心と身体」というよう
に分けて考えられがちであっても実は二つはとても強固に結びつ
いていて、本当はその区別は無く、一つのものなのではないかと
思うことがあります。

たとえば、目の前にある林檎を一人で全部食べるよりも、
隣人と半分ずつ食べた時の満腹感を考えてみましょう。

お腹に入ったのは1/2個であるはずですが、丸々1個食べたのと
同じかむしろそれ以上の満腹感を感じます。

転んで膝をすりむいた子供に対して

「いたいのいたいのとんでいけ」

と言うだけで身体的な痛みが軽減して笑顔を取り戻します。

心と身体はつながっていて、身体の不調を心によって乗り越え、
心の迷いを身体を動かすことで振り払うことができます。

今日の音楽

朝の散歩(バージョン2)/作曲:山谷 知明