目の前にはいつも何らかの結果があります。

手がけた仕事の結果や、受けた試験の結果、過去を振り返れば
これまでの人生のすべては結果の積み重ねです。

そしてその結果がそのようになったのは、
すべて自分の責任です。

「外部の者があれこれ口出ししてきたり、邪魔してきたから、
 こんな結果になってしまった」

と言う人がいますが、そういうこともすべて含めて
自分の責任です。

外部の者があれこれ口出ししてきたことに耳を塞ぐこともできた
はずですし、邪魔してくる者に対して抗議して遠ざけることも
できたでしょう。

しかしそれをしなかったのですから、それは自分自身の決断の
範疇に入り、その責任は自分にあります。

目の前の結果は、自分の行動が引き起こしたものであり、
誰でのせいでもありません。

しかしながら、

「結果に責任を持つ」

ということは、簡単なようでとても難しいと
僕もいつも思い知ります。

「これから発生する結果に責任を持とう」

と決意した瞬間に、行動が正しく整い、精度が上がります。

今日の音楽

眩暈/作曲:山谷 知明