「最後までしがみつくようにしてがんばる」

という目標を今年の始まりに設定しました。

これは、

「最後まで諦めないように」

という意味なのではなく、物事の最後の部分というのは不思議と
疎かになり、

「もうこのくらいでいいや」

となることが多いので、そのことに対する戒めです。

木の高いところに登っている植木職人の弟子に対して師匠が、
高いところで作業している間は一切声をかけずに、作業が終わって
木を降りてきて、もう間もなく地面に到達する頃になって初めて

「気を付けなさい」

と注意したという話があります。

高いところにいて作業をしている間は、誰にも何も言われずとも
自分自身でしっかり気を張って注意しているものですが、
作業を終えて木を降りる時にその気持ちが緩んで落下し怪我をす
ることが多いからという理由です。

遠足が終わった後の子供たちに対して先生が、

「お家に帰るまでが遠足です」

と注意するのも同じ理由でしょう。

物事は最後の最後こそ気を張って臨まなければいけないのです。

今日の音楽

ゴースト/作曲:山谷 知明