たとえば、子供とオセロゲームをするとしましょう。

子供の喜ぶ顔が見たいですから、

「負けてあげたい、手加減しよう」

と思うことがありますね。

しかし、負けようとすればするほど
なかなか負けられないのです(笑)。

負けるというのは意外と難しく、特に

「自然な感じに負ける」

ことは至難の業であると言えるでしょう。

このことから、勝とうとすればなかなか勝てず、負けようとすれ
ば不思議に勝ってしまうという人間の性質も分かります。

もちろん、勝負事においてはすべての人が勝ちたいと思うもの
ですが、そのような勝負の瞬間に身を置く時、

「負けてもいい」

という気持ち(うその気持ち)を自分自身の中にセットできるか
どうかが重要になります。

しかし、本当の勝負時には、子供とのオセロゲームのような心境
になることはできず、どうしても

「勝ちたい」

という想いが強くなってしまいますので、
負けてしまいます(笑)。

今日の音楽

海/作曲:山谷 知明