「やられたらやりかえせ」

思いがけない攻撃を受けた時には、
誰でもこんな気持ちを抱きますが、本当は、

「やりかえさない」

のが一番良いのです。

しかし、人間は機械ではないのですから、やられたままでは
気持ちは収まりませんし、そのストレスをそのまま呑み込むのは、
健康上良くありません。

そこで、

「じっくり時間をかけて復讐する」

ということを肝に銘じてみましょう。

さらに、直接的にではなく、

「間接的に復讐する」

と考えてみましょう。

そうすると自ずから、自分磨きに精を入れ、相手よりも上の人間
になることを目指さなければいけないことに気が付くでしょう。

相手よりも上の人間になることができたら、いつかその相手は
仕事やプライベートで困った時にあなたに相談してくるでしょう。

不思議なことに、むかし攻撃してきた人ほど、自分が困ったり、
弱い立場に置かれると、むかし攻撃をした相手に対して助けを求
めてくる傾向があります。

そんな時にはどうしたら良いでしょうか。

むかしの仇討をするために、きっぱり拒絶するべきでしょうか。
多くの人はそうしてしまうでしょう。
過去の怨念をそこで晴らそうとするからです。

しかし、そこでもしも本当に人間的に向上しているなら、
相手に助けの手を差し伸べることができるでしょう。

しかも、何のストレスも感じずに、
自然にそういうことができるのです。

その時には、その人から受けた攻撃に対するストレスは、
跡形もなく消え去っているでしょう。

今日の音楽

蜃気楼/作曲:山谷 知明