行動する時の決め事やルールなどを誰でも持っていると思います。

それを判断基準として、行動の方向や分野、やり方などを決定し、
実践していくわけです。

しかし、人間は機械ではなく、時間と共に経験が蓄積し、考え方
も変わってくるため、その決め事やルールもまた年齢に応じて
変化してくるのも当然のことです。

たとえば、僕は以前

◆迅速に

◆丁寧に

ということを行動のルールとして設定していましたが、今は、

◆正しいかどうか

◆美しいかどうか

◆年月を経ても価値が失われないことかどうか

というものに変更しました。

ルールを決めないで好きなように行動することを「自由」と呼ぶ
のなら、それはとても苦しいものです。

自由は、楽なように見えますが、

「好きなようにやってもよい」

というのは大海原に投げ出された小舟と同じで、あらゆる決断と
責任がすべて自分一人にのしかかってくるため、知らず知らずの
うちに心が破壊されます。

自分自身でルールを決めて、それに沿って動くことで、
「自由の苦しみ」を消し去ることができるでしょう。

今日の音楽

スペクタクル/作曲:山谷 知明