一年に一回の健康診断に行ってきました。

一日中パソコンの前に座ったままの生活で、極度の運動不足です
し、甘いものが大好きで年がら年中お菓子ばかり食べていますの
で、いつもドキドキしながら検査してもらいます。

大量の砂糖を摂取しているにも関わらず、昨年は特に異常なし
でしたので驚きましたが、人間は歳を取って身体が変化します
ので毎年と同じというわけにはいかないでしょう。

20代の頃は、

「いつ死んでもいい」

と思っていましたが(20代の頃は誰でもそう思うものです)、
40歳を過ぎてからは、

「死ぬことはできない」

と思うようになりました。

人生の締め切りは、人間のように小さな存在が自分勝手に決めて
良いものではなく、人間よりも一段階上の存在(それはある人は
神様という言い方をするでしょうし、ある人は自然という言い方
をするでしょう)が示してくるものだと思うからです。

上から指示されるその締切の日まで生きなければいけません。

今日の音楽

砂糖菓子のワルツ(チェレスタ)/作曲:山谷 知明