「自分のことは何も語らない。
 しかしその姿佇まいがその人のすべてを物語っている」

という人になりたいと思っていますが、現実はその逆で、
自分のことをたくさん話すくせに、自分の心は何一つ相手に
伝わらないというありさまです(笑)。

これは、実践・行動がまだまだ足りないという証拠であり、
言葉を発するよりも手足を動かさなければならないという戒め
として自分の心にいつも言い聞かせています。

いくらああだこうだとしゃべっても目の前のコップの水を飲む
ことはできないのですから、口を閉じて、手を動かしてコップを
つかみ、口元に運ぶということをしなければいけません。

それは、日常生活のことから仕事のことまですべてにおいて
言えることですね。

そのような実践・行動をたくさん積み重ねていくことで、
自分を表現していかなければならないと思っています。

今日の音楽

セピア色の日々/作曲:山谷 知明