山頂の大きな夢はたまに見上げるだけに留め、普段は足下の地面
を見つめながらとぼとぼ歩こうということを先日書きました。

「足下を見つめる」というのは、物事を小さく、細かく分解して
そのひとつひとつに対処していくということの喩えですが、

◆物事がうまくいかない時

◆なかなか物事を始められない時

◆失敗した直後

などという場合は、できるだけ小さく、できるだけ細かく分解す
るようにすると良いでしょう。

物事がうまく進まないような時、できない時というのは、
その物事が現在の自分自身にとってハードルが高いということ
ですので、それを下げてあげれば良いのです。

「自分にできるところまで小さくする」

ということを心掛けましょう。

今日の音楽

禁じられた踊り/作曲:山谷 知明