仕事をする上では、高品質で確実・安全なものを一つ作ることに
まず集中すると良いでしょう。

それは小さなものでも良いのです。

たった一つ、品質と確実性において最高級なものを作り、あとは
それを複製していけば良いだけです。

街のパン屋さんやケーキ屋さんを見ると、よく分かりますね。

一個の商品を開発するために、多くの時間を費やし、多くの材料
を使ったでしょう。それらはみんな開発のための投資です。

そしてやっと一個の素晴らしい商品が出来上がりました。
それは、レシピとなって、ノウハウ・テンプレート化されます。

あとは、それを複製して販売すれば良いということになります。

このように、仕事というのは、「開発と複製」の繰り返しである
とシンプルに考えることができます。

それは、どんな仕事にも当てはまるでしょう。

自分で商品を作って販売するのではなく、自分の身体を使って
行う仕事もすべて同じです。

たとえば、自分なりのやり方、自分が提供する仕事の内容を
「決める」ということが「開発」に当たります。

「この人に頼めば、こんな仕事をしてくれる」

ということが確立したら、あとは日々、それを複製する感覚で
仕事をすると良いでしょう。

今日の音楽

幼稚園/作曲:山谷 知明