朝に目が覚めたら、その日にやるべきことがリストになって、
頭の中の仮想の掲示板に貼られます。

そうすると、その日の時間配分が一瞬にして行われ、
あとはそれに沿ってただ身体を動かせば良いだけです。

仮想のリストに書かれたやるべきことの分量が多い時には、
自然に身体が速く動きます。
気持ちが焦るのでしょう。

逆に分量が少ない時には、休みを入れることができたり、
新しいことをする時間を割り当てることができます。

大切なのは、一日の始まりにそれをすること。

それによってその日のリズムが決まってしまいます。

今日の音楽

サンクチュアリ/作曲:山谷 知明