日記

日記

がんばってがんばってようやく「現状維持」

昨日より今日、今日より明日を、より良く生きたいと誰もが思っ ています。 そして、朝から晩まで日々がんばるわけですが、がんばってがん ばってようやく「現状維持」できるかできないかでしょう。 それくらい強い逆風が、目に見えず […]

日記

鏡のような世界

笑っていれば、笑っている人、笑いたい人が周りに集まってくる でしょう。 人の悪口を言っていれば、人の悪口を言う人が周りに集まってき て、やがて自分も悪口を言われるようになるでしょう。 人に親切にしていれば、いつか困り果て […]

日記

時間は有限であると知っているはずなのに

人は、自分の時間が有限であると知っているのに、なぜか時間は 無限であり、今の状態がいつまでも続くと思い込む生き物です。 自分にとって良い状態にあると思う時、その終わりはもうすぐ そこまで来ていると思うことができるかどうか […]

日記

「出逢いがない」という勘違い

「出逢いがない」 と大人たちはよく言いますが、歳を取ると新しい人との出逢いは 本当に少なくなるのでしょうか。 幼少の頃は学校などで、なかば強制的に多くの人との出逢いが 生まれることは確かです。 しかし、その中に「一生の友 […]

日記

自分のサイズを思い出そう

物事に失敗したり、勝負に負けたりする時というのは、その勝負 が始まる前から、自分自身に負けていることが多いものです。 自分自身、つまり、自分の心ですが、心の中には瞬間瞬間で様々 な感情が生まれては消えていきますから、それ […]

日記

ようこそ、トラブル

生きていると、問題が次から次へと発生します。 仕事でも日々の暮らしのことでも、一つのことを終えてほっと 一息ついた瞬間に、また次の問題が襲い掛かってきます。 人生は、次々と起こる問題を避けることはできませんが、 問題に向 […]

日記

まず、欲求あり

まず、欲求あり。 「こうしたい」 という熱い想いが最初にあって、それに突き動かされて行動する というのが通常の順序でしょう。 ところがごく稀に、現状を認識することでアイディアが浮かび、 それに合わせて目標を設定するという […]

日記

思い出から心を守る

それを経験した当時は感じることのなかった嬉しさを、時を経て 思い出として回想した時にはじめて感じるということがあります。 過去のある出来事を思い出して嬉しくなるのです。 その逆もあるでしょう。 過去のある出来事を思い出し […]

日記

自分の決断を疑いながら進めましょう

「これでよし」 そう思っても、数秒後には 「本当にこれでいいのかな」 と不安になります(笑)。 それは、これまでの経験上、「これでよし」と強く思えば思うほ ど、それが間違っていたことに後になって気付くことが多いから です […]

日記

理想を高らかに宣言しましょう

言葉で格好良いことを言っていても、現実行動が伴っていない じゃないかと自己嫌悪に陥ることがよくあります。 しかし、まず、格好良いことを言わなくてはならないのです。 自分の心に誓いとして刻み込むために。 ◆格好良いことを言 […]

日記

夢はまだ叶っていない

「夢は叶わなかった」 「夢はまだ叶っていない」 上記の二つはどちらも、夢が叶っていない状況には変わりありま せんが、気持ちの上で、そして未来の可能性において、大きく 差を付けるものとなります。 思い描いている夢があります […]

日記

締め切りの効果

締め切りがなかったなら、人はあらゆる仕事を遅延させ、 やると言ったことをいつまでもやらないことでしょう。 締め切りがあるからこそ、人は動くのです。 仮に、締め切りのない仕事を終えられたとしても、その成果を、 締め切りがあ […]

日記

1日24時間をどう使うか

1日24時間をどう使うか。 これを考えるか考えないかだけで、人の人生は大きく異なって くるでしょう。 なぜなら、時間について考えないと、人は楽なほうへ楽なほうへ と流れてしまって、気が付くと長い時間を無為に過ごしてしまう […]

日記

後ろを振り返るという怠惰の心地良さ

人は後ろばかり振り返る傾向があります。 過ぎ去ったことをいつまでもうじうじ悩んだり、 「あの時、こうしていれば」 などというどうにもならない想いを後生大事に抱え続けます。 しかし、大切なのは、 「今、この時から何をするか […]

日記

誰から伝えられたか

本を10冊読んで得られるものと、人に会って10分間話をして得ら れるものとを比較すると、人と話をした10分間によって得られる もののほうが大きいことが分かります。 具体的な内容は、本10冊のほうがボリュームが大きいでしょ […]

日記

後悔しない過去を作るのは

「時間が戻ればいい」 そんな風に思うことがありますね。 しかし、時間は戻ることはありません。 そしてそれは、この地球上の誰にとっても同じことです。 過去を分析してそこから学び、未来に生かすことは意味がある ことですが、過 […]

日記

忙しいと忙しくないには、波があります

過去を振り返ってみますと、忙しい時ほどやらなければいけない こと(仕事も含め)がどんどん舞い込んでくるもので、逆に、 暇をしている時ほど焦っても何も起こらず、ますます暇になると いうことが多いように思います。 これは「時 […]

日記

まえぶれ

ある日突然、思いがけないことが起こって、平穏な日常が壊れて しまうことがあります。 今から思い起こすと、そのような時には、何らかの「まえぶれ」 を感じているもので、それは「予感」と言えるようなものであり、 不思議な胸騒ぎ […]

日記

問題を自力で解決する力

次々と身に降りかかってくる問題を自力で解決する力。 子供の時にこの力を育ててもらった人は強いでしょう。 何もかもやってもらった人は、大人になっても、何もかもやって もらうことを前提としてしか行動できなくなってしまいます。 […]

日記

目的地があるから

「完璧の実現は不可能だが、完璧を目指すことによって、  行動を最大化することができる」 という言葉を最近読みました。 人間が生き、向上していくためには、目標が無いよりはあった方 が良いという意味に理解しました。 物事をす […]

日記

幸運が不運かは、自分の心が決めます

6月に入り、梅雨の季節が本格的に到来しました。 それまで晴れていたのに、外出しようと思ったら、 突然雨が降り出します。 そういう時に、人は、 「自分はどうしてこんなに運が悪いんだろう」 と落ち込みます。 しかし、雨は自分 […]

日記

作ったものの価値は自分には分からない

すべての音楽を心を込めて丁寧に作ります。 それでも、 「すごくいい曲ができたな」 という時と、 「あまり良くできなかったな」 という時があります。 ところが不思議なことに、自分が自信満々で披露した曲の反応が あまり良くな […]

日記

いつも使う道具が、いつもの場所に

いつも使う道具が、いつもある場所にちゃんと置いてある。 このことの重要さを認識することは、日々の慌ただしさの中では あまりないでしょう。 そして、慌ただしいがゆえに、いつも使う道具をいつもある場所 に戻しておかないという […]

日記

力を抜いた瞬間にそれは訪れます

仕事で行き詰ったり、思わぬトラブルに見舞われて心が乱されそ うになった時どうするか。 「まあいいか」 と心の中で唱えてみましょう。 まあいいかと呪文のように唱えた瞬間、心にギューっと入ってい る力がフッと抜けるのをお感じ […]

日記

運動とプラシボー効果

極度の運動不足生活を送っているため、 「このままではいけない」 と思って、数年前から、 ◆ラジオ体操第一 ◆ラジオ体操第二 ◆腕立て伏せ30回 ◆腹筋30回 を毎朝の日課にして続けています。 外出して歩行することが少ない […]

日記

時間をお金で買う

自分でやるか、他人にやってもらうか。 そのどちらの方法でも、目的を成し遂げることはできます。 自分でやると経験が身に付きますから、以後同じことを何度も 実現可能となるでしょう。 しかし、まずは技術を身に付けなければいけな […]

日記

実践と失敗を10回してみよう

夢や目標が決まり、いざ実践となるわけですが、ここで今すぐ 成功しようと考え、焦って行動すると大きく失敗します。 実践しよう、手足を動かして具体的に行動しようという気持ちは とても大切で、そのように実行するのは良いのですが […]

日記

無理にでも「休み」を入れましょう

朝起きて一番最初にやった仕事の出来栄えの良さ。 これは、多くの人が経験したことがあることでしょう。 同じ仕事でも、昨日の夜遅く、一日の疲労が蓄積している状態で やったのでは、同じ成果にはならなかったはずです。 このことか […]

日記

みんなのためではなく自分自身のために

道端で目の前に落ちている空き缶を拾ってゴミ箱に捨てる。 そうすると、その人自身がきれいな街の住人になれます。 公共の利益のために何かをする。 そうすると、それは結局は自分のためになります。 だから、社会のためだとか、みん […]

日記

やることの範囲はどのくらい狭めたら良いか

「やることの範囲はどのくらいまで絞ると良いのですか」 と、尊敬している仕事仲間に訊いたところ、 「極限まで狭くすると良い」 と言われました。 また、 「拡げようと思わなくても勝手に拡がってしまうもの」 とも言われました。 […]

日記

人に出逢い、人と語らう

世界にはたくさんの人がいて、それぞれみんな生きてきた物語も 違いますし、ものの考え方も違います。 それは自分の知らない物語であり、自分には思いつかない考え方 であり、それらすべてを知ることはできません。 しかし、相手の話 […]

日記

現時点から何とかするしかありません

自分のこれまでの人生を振り返ってみて、良かったと思うことや 良くなかったと思うことがあるでしょう。 僕は、良くなかったと思うことの割合のほうが多く、 「今まで何をしてきたんだろう」 「自分は何をやっているんだろう」 と自 […]

日記

密度の高い気持ち

どんなことをするにも「密度の高い気持ち」を込めることが必要 であり、特に作品や料理など、「何かを作る」という行動におい ては、それを受け取る人に、密度の高低が伝わってしまいます。 たとえば、音楽を作る時に、気持ちを込めれ […]

日記

朝8時までにその日の仕事を終えます

むかしは朝起きるのが苦手でしたが、今では3時~4時の間には 目覚めて、いきなり仕事に取り掛かるような生活を送っているの ですから、 「人間は変わる、変われる」 と言って良いでしょう。 僕の早起きは単に老化によるものなのか […]

日記

できると思った人だけができます

何か新しいことを始めて、周囲の多くの人に 「そんなこと無理だよ。絶対できないよ」 と言われたとしたら、それはきっとできるでしょう(笑)。 なぜなら、そんなことを言ってきた人ができなかっただけであり、 あなたとその人は違い […]

日記

何も見ない、何も聞かない

ドストエフスキーの本を読んでいますと、主人公の多くは、 周囲にいるある特定の人物の言動にイライラさせられて、 そのイライラが原因で人生を大きく狂わされてしまいます。 このようなことは実際に誰の人生にも有り得ることであり、 […]

日記

やらないと決めたことをやらない

「やらないと決めたことをやらない」 というのはもっとも大切なことであり、一見すると簡単なことの ように思えますが、実際にやってみるとそのあまりの難しさに愕 然とします。 まず、「やらない」と決めることには勇気が要ります。 […]

日記

インスタグラムの美しいシンプルさ

つい先日、長年お世話になっていたmixiというSNSを退会し、 SNSはTwitterだけとなっておりました。 インスタグラムという、画像によるSNSをどうしようか検討して いましたが、始めることにいたしました。 正方形 […]

日記

雨の日は心をしっかり

雨の日が多くなってきたように感じます。 いよいよ梅雨の季節に足を踏み入れたのでしょう。 雨の日というのは、身体が濡れますから肉体的なダメージもあり ますが、思いのほか精神的なダメージも大きいものです。 思うように外出でき […]

日記

コーヒーリラクゼーション

毎日飽きもせずにコーヒーばかりガブガブ飲んでいますが、 そうなると、淹れる回数も多く、なかなか大変です。 僕はどこにでもある普通のコーヒーメーカーで淹れていますが、 飲むよりも、コーヒーを淹れるその時間が僕にとってはとて […]

日記

間違っていると思ったら

「間違った」と判断した時に、 ◆1、今やっていることを即座にストップする ◆2、正しいやり方を確認する ◆3、正しいやり方を実践する という流れを辿って行動し直すわけですが、頭では分かっていて も、いざ当事者になるとこれ […]

日記

困難に直面したらまずはハッタリを決めよう

困難に直面した時、前傾姿勢で立ち向かうか、及び腰になって 上半身を後ろに反らせてビクビクしながら向かっていくか。 性格によって分かれるところです。 同じ困難に立ち向かうのでも、前傾の角度で勢いよく突き進んだ ほうが、突破 […]

日記

人に触る

連休の後半がスタートしましたが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。 観光地にお出かけになる方も多いでしょうね。 しかし、 「ゴールデンウィークは家にいるのが一番」 という声が僕の周囲では多く聞かれます。 混んでいる時に、混 […]

日記

失敗した時に考えたいこと

10回のトライに対して、9回の失敗と1回の成功、ものによっては、 100回のトライで、99回の失敗と1回の成功というのが当たり前な のですから、1回の失敗でいちいち落ち込まないようにしたいと いつも思っています。 しかし […]

日記

何をやっても上手くいかない時には

やることなすことすべて上手くいかないような時。 そんな時が誰の人生にもあるものです。 では、そんな時にはどうしたら良いでしょう。 その答えは、 「小さな成功を一つする」 となります。 どのくらい小さなことかと言いますと、 […]

日記

好きなことと好きな人

まず、あなたの好きなことをやりましょう。 あなたの人生は、あなたが主人公の映画のようなものなのですか ら、主人公であるあなたを中心として世界はまわるのです。 好きなことをして生きないなんて生まれた意味がないでしょう。 と […]

日記

ロボットになったフリをしよう

一つのことだけをやっていれば良いのであれば、 どんなに楽でしょう。 しかし人間の生活はなかなかそうはいかず、複数のことを同時に しなければいけないものです。 仕事だけをみても、いくつかの異なる仕事を同時にしなければ いけ […]

日記

できることをもっとできるように

人間は誰でも、できることとできないことがあります。 あることがものすごく得意でみんなに驚かれるような人が、 多くの人ができる簡単なことがまったくできなかったりします。 その時に、人間の基本的な考え方の特性として、 「でき […]

日記

仕事について

「仕事」というものについて考えてみたいと思います。 手元の辞書によると、 【仕事(しごと)】 1、するべきこと。しなければならないこと。 2、生計を立てるために従事する勤め。職業。 3、物体の力の成分と移動距離の掛け算で […]

日記

生まれて良かったかどうか

生まれた。 美味しいものを食べた。 笑った。 泣いた。 好きな人に会えた。 それが、たった一回ずつの経験だったとしても、それでもう、 この世に生まれて良かったのだと思います。 輝く季節/作曲:山谷 知明

日記

ワーカーホリックのゴールデンウィーク

「仕事をしているほうが落ち着く」 というのをとっくに通り越して、 「仕事をしていなければ落ち着かない」 という心境で毎日暮らしていますが、それも自営業ですから仕方 のないことですし、そのくらいでなければいけないのでしょう […]

日記

人生は、「自分」が主人公の映画です

時間の魔法というのはすごいもので、良い出来事も良くない出来 事もすべてをやさしく思い出させてくれます。 今思い出してもはらわたが煮えくり返る・・・というような過去 は、まだ「思い出」になるほど時間が経過していないのです。 […]

日記

さようなら、mixi

お部屋の整理整頓と同じく、パソコン内部の整理整頓、WebやSNS の整理整頓は定期的に必要な時代となりました。 そうしなければ、あっという間にごちゃごちゃになってしまい、 自分が何をやるべきなのか、現在何をやっているのか […]

日記

負のループに陥っている時に考えるべきこと

◆前向きな気持ち ◆後ろ向きな気持ち 人間の心の中には、この二つが交互に発生します。 良いことがあると、嬉しくなって、行動の質と速度が高まります。 「わたしにはできる」 という強い気持ちで胸がいっぱいになって、通常できな […]

日記

石ころを拾い集めている人

たとえば、道に落ちている石ころを拾い上げてじっと見つめてい る人がいたとしても、誰も見向きせず通り過ぎるでしょうし、 たまに怪訝そうに一瞥されて素通りされるだけでしょう。 しかし、小さなかごを片手に持って、一生懸命石ころ […]

日記

人と会って話ができるという幸せ

僕以外のすべての人は、僕が持っていないものを持っていて、 それを見せてもらったり、その話を聞かせてもらったりすること によって、僕はその世界を知ることができます。 人と話をしなければ知り得ないことがたくさんあります。 人 […]

日記

仕事は勢いで決めよう

自分の仕事、自分のやることを決める時に、この世の中に存在す るすべての職業、すべての事を全部並べて決めようとする人がい ますが、それはあまり意味のないことです。 もっとぼんやりと、ある漠然とした範囲内から決めて良いのです […]

日記

集中することについて

ある一つのことをやっているその状況で、それとは全く関係のな い、他のことを考えていることの何と多いことでしょう。 そのくらい人間の集中力は脆いものです。 極度に集中すると、ヨダレが滴り落ちていることにも気が付かず、 瞬き […]

日記

いつも通りのことをやる

楽しいことがあったり、悲しいことがあったり、人間の感情は、 毎日、様々な方向へ揺さぶられますね。 楽しいことがあった時には気持ちが大きくなって行動が乱れ、 思わぬ失敗を招いてしまいますし、悲しいことがあった時には しなく […]

日記

失敗してもうれしい

仕事でも暮らしのことでも何でも、 ◆1、やり方を知る ↓ ◆2、やる ↓ ◆3、結果を受け止めてやり方を調整し、再度やる これを延々繰り返すだけです。 これが「仕事をする」ということですし、「生きる」ということ でもあり […]

日記

表現の抑制について

何事も、与え過ぎるというのは良くないもので、特に音楽や映画 などの作品作りにおいては、すべてを語ってしまうような表現よ りも、受け手の想像力を喚起し、受け手の体験や想像力を補って 初めて完成するように、意図的に余白を残し […]

日記

夢は人に話したらなかなか叶わない

「これをやりたい」 そう思うだけで、何もしないのが人間というものです。 面倒くさいことはしたくないという怠惰性と、「やりたい」と思 った瞬間に満足してしまうということが原因です。 「やりたい」と思っても、手を動かさなけれ […]

日記

子供たちに言い聞かせている言葉は

幼い子供たちに日頃から言っている言葉。 「自分がされて嫌なことは、お友達にしちゃいけないよ」 「自分がされて嬉しいことを、お友達にもしてあげなさい」 「背筋を伸ばして、行儀良く食べなさい」 「悪いことをしてしまったら、ご […]

日記

たくさんの方法の中から一つだけ選ぶ

音楽やグラフィック、写真など、何かを作るというすべてのこと に共通することですが、 「こうしたい」 と思ったことを実現するために、その方法は一つではなく、 たくさんのやり方があるものです。 たとえば、 「風が吹くような印 […]

日記

心にずっと残っている

たった一回会っただけの人の言葉や、たった一回だけ行った場所、 たったひとつの思い出などが、その人のそれ以降の人生を 長い間に渡って助けてくれるようなことがあるものです。 生きていると、面白くないこと、苦しいことなんてたく […]

日記

生命たちが躍動し始める季節

関東は、桜が終わり、緑の季節に入ったようです。 若葉の輝くような美しい緑色は、ほんの短い間。 すぐに深い緑色へと変化してしまうでしょう。 昨夜が憂鬱で苦しかったとしても、朝になると多少は心が軽くな り、期待に胸が膨らむの […]

日記

自らすすんで破滅に向かう

僕は、ドストエフスキーの『罪と罰』という小説が好きで 何度も繰り返して読んでいますが、この分厚い長編物語を たった一言で表現しているような台詞を、ドストエフスキーの 他の小説に発見しました。 それは、 「神さまが罰を当て […]

日記

眠気を飛ばすために、眠ります

「春眠暁を覚えず」 の言葉通り、冬が過ぎ去りあたたかい春になって、24時間いつで も眠いような季節になりました。 毎朝3時に起きているショートスリーパーの僕も、ちょっと気を抜 くとすぐにウトウトとまどろんでしまいます。 […]

日記

自分らしく「実践」しましょう

目の前で起こることにどのように対処するかは人それぞれです。 そして、どう対処したかによって結果が変わり、その人それぞれ の人生が大きく変わっていくことになります。 「捨てる神あれば拾う神あり」 と言われるように、目の前に […]

日記

「1」から順番に、1つずつやりましょう

仕事をしていると、何をどうやったら良いか分からなくなる瞬間 があります。 やらなければいけないことがたくさんある時や、やっていること の難易度が高い時などです。 そのような時には、 「1」から順番に、1つずつやる。 とい […]

日記

相手のことを考える難しさについて

「相手のことを考えましょう」 と簡単に言われますが、それが出来る人はいったいどのくらい いるでしょう。 相手のことを考えるのは「自分」ですから、どうしてもそこに 自分の感情が少なからず反映されてしまいます。 自分の感情を […]

日記

プロとアマの違い

インターネットで何でもできる時代になって、プロとアマの違い が曖昧になっています。 たとえば、アマチュアであっても自分の描いた絵や自分の作った 音楽をインターネットを通じて販売することができますから、 「それでお金を稼ぐ […]

日記

ありがとうとごめんなさい

いよいよ今日で今年度も終わりですね。 明日から新しい環境で生活を始められる方も多いことでしょう。 僕は極度の人間恐怖症のため、人と上手く付き合っていくには どうしたら良いかまるで分からないのですが、 「ありがとう」 と […]

日記

正しくないと分かっていても止められません

今やっていることが間違っていると分かっていても、なかなか 止めることができないのが人間というものです。 これまでかけてきた時間や労力を無駄にしてしまうことへの恐怖 や、バレなければ良いだろうという気の緩み、自分だけではな […]

日記

半分もできれば良い

これをやろう、こうしたいと思ったことの半分もできれば良いと 考えたほうが良いでしょう。 それくらい、想像と実践行動はかけ離れているものであり、頭で 考えるのは簡単ですが、実践するのは本当に難しいものです。 そのため、どう […]

日記

現在を過去に原因付けしない

人間は、自分の身に起こったことを、過去のある出来事がその 原因であると理由付けたがります。 たとえば、 「今日、仕事で失敗したのは、昨日準備を怠ったからだ」 とか、 「自分が今不幸せなのは、むかし悪いことをしたからだ」 […]

日記

大切な石ころ

この世界のものにはすべて自分自身が投影されます。 たとえば、道端に転がる石ころを見て、 「ただの石ころだ」 と思えば、それは自分自身にとって何の役にも立ちませんが、 「この石ころは、わたしにとって宝物だ」 と思えば、それ […]

日記

夢が実現するその直前のひととき

ドストエフスキーの『白痴』という物語の中に、 「コロンブスが幸福を感じたのは、彼がアメリカを発見したとき  ではなくて、それを発見しつつあったときなのだ。」 という文章があります。 まだ夢への到達は実現していないわけです […]

日記

自分らしさは伝えようとしないほうが良い

誇張したりせず、普通にやってもその人らしさは出てきます。 自分らしさを出そうとすればするほど、主張や特質が過剰になっ て、表現そのものが駄目になってしまうでしょう。 激しさを伴った主張や特質は、むしろ抑制するほうに注意を […]

日記

横を見るのではなく、前を見よう

【幸せ】の反対の言葉は、【不幸せ】ではなく【嫉み】である。 ということを聞いたことがあります。 そのくらい、嫉妬という感情は自分自身でもどうしようもないほ ど厄介な感情であり、それに憑りつかれると、不幸せよりももっ と暗 […]

日記

今、会っている人、今、立っている場所

卒業式、終業式が終わった頃でしょうか。 これまで馴染んだ人や場所との別れ。 誰の人生にも必ずあることです。 「また会える」 別れる時にはいつもそう思います。 そして、その通りにまた会えた人の数は少なく、ほとんどの人 とは […]