日記

日記

仕事について

「仕事」というものについて考えてみたいと思います。 手元の辞書によると、 【仕事(しごと)】 1、するべきこと。しなければならないこと。 2、生計を立てるために従事する勤め。職業。 3、物体の力の成分と移動距離の掛け算で […]

日記

生まれて良かったかどうか

生まれた。 美味しいものを食べた。 笑った。 泣いた。 好きな人に会えた。 それが、たった一回ずつの経験だったとしても、それでもう、 この世に生まれて良かったのだと思います。 輝く季節/作曲:山谷 知明

日記

ワーカーホリックのゴールデンウィーク

「仕事をしているほうが落ち着く」 というのをとっくに通り越して、 「仕事をしていなければ落ち着かない」 という心境で毎日暮らしていますが、それも自営業ですから仕方 のないことですし、そのくらいでなければいけないのでしょう […]

日記

人生は、「自分」が主人公の映画です

時間の魔法というのはすごいもので、良い出来事も良くない出来 事もすべてをやさしく思い出させてくれます。 今思い出してもはらわたが煮えくり返る・・・というような過去 は、まだ「思い出」になるほど時間が経過していないのです。 […]

日記

さようなら、mixi

お部屋の整理整頓と同じく、パソコン内部の整理整頓、WebやSNS の整理整頓は定期的に必要な時代となりました。 そうしなければ、あっという間にごちゃごちゃになってしまい、 自分が何をやるべきなのか、現在何をやっているのか […]

日記

負のループに陥っている時に考えるべきこと

◆前向きな気持ち ◆後ろ向きな気持ち 人間の心の中には、この二つが交互に発生します。 良いことがあると、嬉しくなって、行動の質と速度が高まります。 「わたしにはできる」 という強い気持ちで胸がいっぱいになって、通常できな […]

日記

石ころを拾い集めている人

たとえば、道に落ちている石ころを拾い上げてじっと見つめてい る人がいたとしても、誰も見向きせず通り過ぎるでしょうし、 たまに怪訝そうに一瞥されて素通りされるだけでしょう。 しかし、小さなかごを片手に持って、一生懸命石ころ […]

日記

人と会って話ができるという幸せ

僕以外のすべての人は、僕が持っていないものを持っていて、 それを見せてもらったり、その話を聞かせてもらったりすること によって、僕はその世界を知ることができます。 人と話をしなければ知り得ないことがたくさんあります。 人 […]

日記

仕事は勢いで決めよう

自分の仕事、自分のやることを決める時に、この世の中に存在す るすべての職業、すべての事を全部並べて決めようとする人がい ますが、それはあまり意味のないことです。 もっとぼんやりと、ある漠然とした範囲内から決めて良いのです […]

日記

集中することについて

ある一つのことをやっているその状況で、それとは全く関係のな い、他のことを考えていることの何と多いことでしょう。 そのくらい人間の集中力は脆いものです。 極度に集中すると、ヨダレが滴り落ちていることにも気が付かず、 瞬き […]

日記

いつも通りのことをやる

楽しいことがあったり、悲しいことがあったり、人間の感情は、 毎日、様々な方向へ揺さぶられますね。 楽しいことがあった時には気持ちが大きくなって行動が乱れ、 思わぬ失敗を招いてしまいますし、悲しいことがあった時には しなく […]

日記

失敗してもうれしい

仕事でも暮らしのことでも何でも、 ◆1、やり方を知る ↓ ◆2、やる ↓ ◆3、結果を受け止めてやり方を調整し、再度やる これを延々繰り返すだけです。 これが「仕事をする」ということですし、「生きる」ということ でもあり […]

日記

表現の抑制について

何事も、与え過ぎるというのは良くないもので、特に音楽や映画 などの作品作りにおいては、すべてを語ってしまうような表現よ りも、受け手の想像力を喚起し、受け手の体験や想像力を補って 初めて完成するように、意図的に余白を残し […]

日記

夢は人に話したらなかなか叶わない

「これをやりたい」 そう思うだけで、何もしないのが人間というものです。 面倒くさいことはしたくないという怠惰性と、「やりたい」と思 った瞬間に満足してしまうということが原因です。 「やりたい」と思っても、手を動かさなけれ […]

日記

子供たちに言い聞かせている言葉は

幼い子供たちに日頃から言っている言葉。 「自分がされて嫌なことは、お友達にしちゃいけないよ」 「自分がされて嬉しいことを、お友達にもしてあげなさい」 「背筋を伸ばして、行儀良く食べなさい」 「悪いことをしてしまったら、ご […]

日記

たくさんの方法の中から一つだけ選ぶ

音楽やグラフィック、写真など、何かを作るというすべてのこと に共通することですが、 「こうしたい」 と思ったことを実現するために、その方法は一つではなく、 たくさんのやり方があるものです。 たとえば、 「風が吹くような印 […]

日記

心にずっと残っている

たった一回会っただけの人の言葉や、たった一回だけ行った場所、 たったひとつの思い出などが、その人のそれ以降の人生を 長い間に渡って助けてくれるようなことがあるものです。 生きていると、面白くないこと、苦しいことなんてたく […]

日記

生命たちが躍動し始める季節

関東は、桜が終わり、緑の季節に入ったようです。 若葉の輝くような美しい緑色は、ほんの短い間。 すぐに深い緑色へと変化してしまうでしょう。 昨夜が憂鬱で苦しかったとしても、朝になると多少は心が軽くな り、期待に胸が膨らむの […]

日記

自らすすんで破滅に向かう

僕は、ドストエフスキーの『罪と罰』という小説が好きで 何度も繰り返して読んでいますが、この分厚い長編物語を たった一言で表現しているような台詞を、ドストエフスキーの 他の小説に発見しました。 それは、 「神さまが罰を当て […]

日記

眠気を飛ばすために、眠ります

「春眠暁を覚えず」 の言葉通り、冬が過ぎ去りあたたかい春になって、24時間いつで も眠いような季節になりました。 毎朝3時に起きているショートスリーパーの僕も、ちょっと気を抜 くとすぐにウトウトとまどろんでしまいます。 […]

日記

自分らしく「実践」しましょう

目の前で起こることにどのように対処するかは人それぞれです。 そして、どう対処したかによって結果が変わり、その人それぞれ の人生が大きく変わっていくことになります。 「捨てる神あれば拾う神あり」 と言われるように、目の前に […]

日記

「1」から順番に、1つずつやりましょう

仕事をしていると、何をどうやったら良いか分からなくなる瞬間 があります。 やらなければいけないことがたくさんある時や、やっていること の難易度が高い時などです。 そのような時には、 「1」から順番に、1つずつやる。 とい […]

日記

相手のことを考える難しさについて

「相手のことを考えましょう」 と簡単に言われますが、それが出来る人はいったいどのくらい いるでしょう。 相手のことを考えるのは「自分」ですから、どうしてもそこに 自分の感情が少なからず反映されてしまいます。 自分の感情を […]

日記

プロとアマの違い

インターネットで何でもできる時代になって、プロとアマの違い が曖昧になっています。 たとえば、アマチュアであっても自分の描いた絵や自分の作った 音楽をインターネットを通じて販売することができますから、 「それでお金を稼ぐ […]

日記

ありがとうとごめんなさい

いよいよ今日で今年度も終わりですね。 明日から新しい環境で生活を始められる方も多いことでしょう。 僕は極度の人間恐怖症のため、人と上手く付き合っていくには どうしたら良いかまるで分からないのですが、 「ありがとう」 と […]

日記

正しくないと分かっていても止められません

今やっていることが間違っていると分かっていても、なかなか 止めることができないのが人間というものです。 これまでかけてきた時間や労力を無駄にしてしまうことへの恐怖 や、バレなければ良いだろうという気の緩み、自分だけではな […]

日記

半分もできれば良い

これをやろう、こうしたいと思ったことの半分もできれば良いと 考えたほうが良いでしょう。 それくらい、想像と実践行動はかけ離れているものであり、頭で 考えるのは簡単ですが、実践するのは本当に難しいものです。 そのため、どう […]

日記

現在を過去に原因付けしない

人間は、自分の身に起こったことを、過去のある出来事がその 原因であると理由付けたがります。 たとえば、 「今日、仕事で失敗したのは、昨日準備を怠ったからだ」 とか、 「自分が今不幸せなのは、むかし悪いことをしたからだ」 […]

日記

大切な石ころ

この世界のものにはすべて自分自身が投影されます。 たとえば、道端に転がる石ころを見て、 「ただの石ころだ」 と思えば、それは自分自身にとって何の役にも立ちませんが、 「この石ころは、わたしにとって宝物だ」 と思えば、それ […]

日記

夢が実現するその直前のひととき

ドストエフスキーの『白痴』という物語の中に、 「コロンブスが幸福を感じたのは、彼がアメリカを発見したとき  ではなくて、それを発見しつつあったときなのだ。」 という文章があります。 まだ夢への到達は実現していないわけです […]

日記

自分らしさは伝えようとしないほうが良い

誇張したりせず、普通にやってもその人らしさは出てきます。 自分らしさを出そうとすればするほど、主張や特質が過剰になっ て、表現そのものが駄目になってしまうでしょう。 激しさを伴った主張や特質は、むしろ抑制するほうに注意を […]

日記

横を見るのではなく、前を見よう

【幸せ】の反対の言葉は、【不幸せ】ではなく【嫉み】である。 ということを聞いたことがあります。 そのくらい、嫉妬という感情は自分自身でもどうしようもないほ ど厄介な感情であり、それに憑りつかれると、不幸せよりももっ と暗 […]

日記

今、会っている人、今、立っている場所

卒業式、終業式が終わった頃でしょうか。 これまで馴染んだ人や場所との別れ。 誰の人生にも必ずあることです。 「また会える」 別れる時にはいつもそう思います。 そして、その通りにまた会えた人の数は少なく、ほとんどの人 とは […]

日記

相手の短所

相手の長所を愛することは簡単です。 誰にでもできるでしょう。 しかし、相手の短所を愛することは、 きっとあなたにしかできないでしょう。 それがあなたと相手を結び付けているものです。 朝の散歩/作曲:山谷 知明

日記

どうしてもポジティブになれない方へ

一昨日、「幸せになれる人と不幸せになる人の違い」という題で 書いた記事の中に、 「いつもネガティブなことを言ってばかりいる人は、  ネガティブなことばかり考えているのでしょうか。  違いますね。同じ人間ですから。  きっ […]

日記

食べ物と運動

「身体がすべての土台である」 というのは、よく耳にする言葉ですし、当たり前すぎて誰でも 分かっていることなのですが、そのことを痛切に実感するのは、 恐るべきことに、身体を壊した時です(笑)。 実際に失ってみなければそのこ […]

日記

幸せになれる人と不幸せになる人の違い

ポジティブなことを言う人はどんどん幸せになり、 ネガティブなことを言う人はどんどん不幸せになります。 いったいどうしてでしょうか。 それは、自分の声を耳で聞き、心で受け止めてしまうからです。 それでは、いつもポジティブな […]

日記

幸運と不運について

半分だけ水の入ったコップを見て、 「運が悪い! あと半分しか残っていない」 という人と、 「運がいい! あと半分も残っている」 という人がいるのはおもしろいことですね。 現象はまったく同じでも、その現象から受ける印象は、 […]

日記

予想と準備と実践について

「未来のことは誰にも分からない」 ということは、ぼんやりと認識していても、それはあくまでも ぼんやりとであって、自分でも気付かないうちに、ある漠然とし た未来像を思い描き、それがまるで本当に起こることのように、 強く認識 […]

日記

あれは、昼過ぎの出来事

3月11日というと、誰もが、東北で起きた大きな地震のことを 思い出します。 普段は顔を合わせたこともない集合住宅の隣人と大きな揺れの 驚愕を外に出て話し合ったほど、関東にいても大きな出来事だっ たのですから、東北の人々に […]

日記

現実か、夢の中のことか

寒の戻りはありますが、春の強い風が吹き、花粉が舞い、 桜が咲いて、いよいよ春が訪れたと言って良いでしょう。 集中していないとすぐに眠くなる季節です(笑)。 僕は身体を横たえると10秒以内に熟睡してしまう恐ろしいくらい の […]

日記

「明日やろう」と思ったら

「明日やろう」 人はいつもこんな風に思います。 特にそのことが面倒なことであればあるほどそう思います。 技術的にはできることなのに。 まさに、やる気、心の問題ですね。 「今日できないことは明日もきっとできない」 と言うこ […]

日記

できるはずなのにできない

「目の前のことに正しく対処する」 このシンプルなことがなかなかできません。 多くの場合、怠惰のために粗雑になったり、欲深さのために間違 った方法を取ったりして、大失敗します。 怠惰も欲深さも人間の心の問題であり、技術とは […]

日記

あの人、どうしているだろう

遠い昔に営業にお邪魔した会社や、お世話になった会社のことを ふと思い出して、Webサイトを見てみることがあります。 残念ながら「NOT FOUND」と表示されることもありますが、多く の場合、今も変わらず運営していること […]

日記

自分の限界を超える方法

自分の世界、自分の限界を超えるにはどうしたら良いでしょう。 一つめには、 「やりたくないことをやる」 という方法があります。 やりたくないことというのは、自分の能力の限界境界線上にある ことが多く、それは技術的にできるで […]

日記

面倒くさいことをすすんでやりましょう

仕事でも家庭でもプライベートな交友関係でも、相手に喜んで もらうためには何をしたら良いでしょうか。 その答えは簡単で、 「面倒くさいことをすすんでやりましょう」 ということになります。 「面倒くさいこと」 の中にこそ、 […]

日記

美しい桜と穏やかな陽気

花粉症の人にとっては苦しい季節がやってきましたね。 僕も目のかゆみや鼻のむずむずに苦しんでいるくせに 「僕は花粉症ではない」 と無理矢理自分に言い聞かせながら過ごしております。 春は、美しい桜や穏やかな陽気に心が浮き立つ […]

日記

運の良い女性

今日は桃の節句ですから女性のことを書きたいと思います。 まず、たとえば 「社会を明るくしたい」 という夢を持っているとしましょう。 そうしたら、 「女性が明るくなる」 ということを目指して行動をすると良いでしょう。 なぜ […]

日記

今度また会える

今年度もあと一か月となりました。 3月は別れの季節ですね。 学校や職場などでたくさんの別れがあることでしょう。 別れによってお互いの生活領域が変わってしまうと、 それこそ「一生」会えなくなってしまうことがあります。 僕も […]

日記

自分自身との調和と戦い

「自分がして欲しいことを人にしましょう」 キリスト教でも言われているこのシンプルなことが、 人はなかなかできません。 自分がして欲しいことは声高に要求するくせに、 人に対しては足を引っ張ることだけを考えてしまいます。 横 […]

日記

永遠に終わらない戦い

「自分の考えと戦う」 ということを誰でも無意識のうちにしています。 そして多くの場合負けてしまいます(笑)。 たとえば、目の前にケーキがあります。 しかし、 「ダイエットしているから食べてはいけない」 と考えます。 しば […]

日記

仕事の早い人と遅い人

「忙しい忙しい」 と言っている人ほど、たった一つの仕事を後生大事に抱え込んで おり、仕事が迅速でいつでも暇そうに見える人に限って、短時間 で多くの仕事をこなしているものです。 そして驚くべきことに、たった一つの仕事を後生 […]

日記

心配事が行動に及ぼす影響について

心配事があると心がそれに囚われて正しい行動を取ることが できなくなってしまいます。 たとえそれがどんなに小さな心配事であったとしても、無意識の うちに心の片隅にセットされ、行動に悪影響を及ぼすのです。 失敗が続く時などは […]

日記

心のスイッチを切り替える簡単な動作

仕事モード、プライベートモードなどというように、一日の中で 様々な状態に身を置きますが、その時に、心のスイッチを切り替 えられるかどうかがとても重要です。 仕事をする時なのに、いつまでもプライベートモードから抜け出 せな […]

日記

新しい音楽は最低でも4回は聴きます

新しくリリースされた音楽を定期的に聴くようにしています。 一度聴いてみてどうしても自分に合わないと思ったもの以外は、 最低でも4回は聴くことにしています。 音楽はスルメのようなもので、噛めば噛むほど味が出たり、 噛み続け […]

日記

習慣を見直す日

一度習慣にしてしまうと苦労なくそれが遂行されるようになって 便利ですが、時の移ろいと共に状況が変わってきますので、それ に合わせての調整が必要となります。 しかし、習慣になってしまっていると、それをそのまますること に心 […]

日記

強気と弱気のあいだ

人間ですから、強気になる時と弱気になる時があります。 何か上手くいった時には気持ちが大きくなって強気になりますし、 上手くいかなかった時には気持ちが萎縮して弱気になります。 しかし本当は、上手くいった時ほど気持ちを抑え、 […]

日記

困ったことにぶつかった時に

生きていて、ふと何か困ったことにぶつかります。 そんな時、 ◆1、自分でやろうとする ◆2、誰かの顔が思い浮かぶ 上記2つのどちらかを選択することになるかと思いますが、 「1」を選ぶのは一見すると立派な心掛けのように見え […]

日記

言葉と、それを話す人の生き方

人と会い、面と向かってじっくり話をしていると、 「この人はいったいどうしてこんな風に思うように  なったのだろう」 と、その人がその言葉を発するに至ったものの考え方とか、 その人の人生、バックボーンに興味が湧きます。 そ […]

日記

新しい珈琲カップ

僕はこれと言って特に欲しい物もなく、昔から使っているものを ずーっと使い続けるほうが安心できますし、周囲にも物が少ない ほうが心がすっきりして集中できる性格ですが、最近になって、 物が心に与えてくれる影響というものを再認 […]

日記

集中と脱力

先日、NHKのある番組で、 「ひらめきは、リラックスしている時に訪れる」 ということをやっていました。 これは僕も経験上よく分かります。 たとえば、何かについて一生懸命に考えているとします。 どんなに頭をひねって考えても […]

日記

技術と同時に心も鍛練しよう

失敗する時というのは、自分の心が駄目になっている時です。 それを無事に遂行する技術は持ち合わせていても、心が駄目な 状態にあると、失敗してしまうのです。 本来はできるはずなのに、心の有り様一つによって、できなく なってし […]

日記

思い描き続けた通りになる

「思い描いた通りになる」 とよく言いますが、それは確かにそうなのですが、それは、どん なことがあってもあきらめずに、ずっと思い続けた結果が最終的 にそうなるのであって、その過程においては、 「思い描いたのと真逆のことがた […]

日記

楽しいこと、幸せを感じること

楽しいこと、幸せを感じることを、一個でも多く自分の人生に 増やせるように考えること。 そのような流れを作り出すために、仕事に励み、勉強をし、 苦しいと思うことでもすすんで実践していくのですね。 楽しいことを楽しいと感じた […]

日記

時間の伸び縮みで心の状態を知る

楽しいことをしていると時間は早く過ぎます。 苦しみに耐えている時は時間は遅く過ぎます。 時間が感じ方によって伸び縮みするのは、その人の欲と不安が 反映されるためです。 自分の中で欲が膨らんできたらそれを抑え、不安が大きく […]

日記

やりたいと思った時には

「やりたくないことの中に成長できるチャンスがある。  やりたくないことをすすんでやろう」 ということをこれまでに何度か書きましたが、裏を返せば、 「やりたいと思った時にはやらない」 という心の制御のしかたも考えられるでし […]

日記

習慣化する時に注意したいこと

日常生活における行いを習慣にしてしまうと、それをしなければ 気持ち悪いような感覚を覚えるようになります。 習慣にしたての頃はそうでもありませんが、習慣として根付いて くると、もうそれをしなければ心が落ち着かなくなるのです […]

日記

成長するためには

自分を成長・進化させるためにどうしたら良いか。 それは、 「やりたくないことをやる」 ということに尽きるでしょう。 やりたくないことの中にこそ、自分を成長させてくれる魔法が 宿っているのです。 自分の技術でできること、や […]

日記

自分を駄目にしない

「自分を駄目にしない」 ということをもっと意識してみようと最近思っています。 何か良くない問題を引き起こしたり、仕事でミスをしたり、 人間関係がぎくしゃくしたりするような時は、たいてい、 自分が駄目になっている時で、その […]

日記

心が乱れたら、チョコレートを食べましょう

大きな失敗は、心が乱れることによって発生するものですが、 乱れた心を正常な状態に建て直す方法の一つとして 「甘いものを食べる」 というのがあります。 心の乱れは多くの場合、思わぬトラブルや、自分が想像していた のとは違う […]

日記

魔の期間

いつもスムーズに物事が進むわけではなく、何をどうやっても うまくいかない時期というものが誰にでもあるものです。 いつもできていたことさえできなくなってしまう「魔の期間」で あり、その時期が過ぎ去るのを息を殺して待つしかあ […]

日記

人にたくさん会う人は、いつまでも若い

もう10年以上も前に仕事でお世話になった方に再会する機会を得 て、先日目黒に出かけました。 お会いして驚いたのは、10年という長い月日が経っているにも関 わらず、その方の見た目は全く変わっておらず、むしろ若くなっ たよう […]

日記

自分らしいか自分らしくないか

仕事をする上では、稼げるか稼げないか。 人生においては、幸せか不幸せか。 そのようなことに目が向きがちですが、そうではなく、 あらゆる物事を判断する基準の一つとして、 「自分らしいか自分らしくないか」 ということを掲げて […]

日記

本当のおもしろさは遅れてやってきます

「楽しい、おもしろい、これをやりたい」 そう思ってやってみたら、それほどおもしろくも楽しくもなかっ たということがよくあります(笑)。 期待に胸を膨らませながら、いざやってみたら、期待したほど ではなかったという場合がほ […]

日記

時間が無い時には、ゆっくり行動しよう

時間が無い時、焦って行動が雑になりますが、 時間が無い時にこそ、丁寧にやったほうが早く終わるものです。 「急がば回れ」 「急いで、ゆっくり」 という名言があるように、慌てると行動が雑になって思うような 結果が得られず、結 […]

日記

心に刻みたいことは声に出して言いましょう

たとえば身に付けたい心構えなどを手帳に書き留めておいたり、 紙に書いて目の前の壁に貼っておいたりしている人がいるかと 思います。 名言や教訓、絶対に守りたい自分自身との約束などを目に見える 場所に書いておくのはとても良い […]

日記

何気ない描写の大切さについて

映画を観ていて、特にストーリーとは関係のない何気ない描写が ずっと頭の中に残り、数年経っても、物語や登場人物は忘れて しまったけれど、その何気ない描写のことがいつも鮮烈に思い出 される、というようなことがあります。 それ […]

日記

「自分より相手」はとても難しい

何をするにも、自分中心ではなく相手中心で考えると良いのです が、人間には欲があるせいか、ちょっとでも気を抜くと、すぐに 自分中心の行動を取ってしまいます(笑)。 「自分より相手、自分より相手」 と呪文のように唱えてみても […]

日記

寒い季節の心は

凍えるような寒さが日本を覆っています。 寒くて薄暗い冬の日には、特に意識をしなくても、 これまで出逢った大切な人たちの顔が心に浮かびます。 いくつかの動物たちは冬眠しているでしょう。 しかしきっと、眠りながら大事な家族や […]

日記

もったいなくて使えない

仕事の道具でも暮らしの道具でも何か新しいものを買うと、使う のがもったいないと感じて机の中に仕舞い込んでしまう貧乏性の 僕です。 道具である以上、買ったその日から使うのが一番良く、もったい なくて使えないというのであれば […]

日記

雪の上を歩くには

月曜日、関東では4年ぶりの大雪になったそうで、 交通機関は大騒ぎ、街も大騒ぎといった様子でした。 僕は仕事で静岡に出かけておりましたので、帰りの電車で、 帰宅困難者の仲間入りとなりました。 関東の人は雪に慣れていませんか […]

日記

感情を制御しよう

夢や目標は、たった一回上手にできただけで叶うということはな く、数回の成功が積み重なることによってようやく実現します。 また、トライのすべてが上手くいくことはほとんどなく、 成功と失敗を繰り返すことになるでしょう。 さら […]

日記

寒さを乗り切るには

大寒に入り、一年でもっとも寒いと言われる季節になりました。 特に今週は雪の予報などが出ていて、凍えるような寒さになると 予想されます。 寒くなると、僕の生まれ故郷である北国の人たちのことが気に なりますが、北国の人はもと […]

日記

自分自身を通して、良い音楽を人に届ける

先日、大学時代の友人であるピアニスト増山三江子さんのリサイ タルに出かけました。 プログラムは、全曲、僕の大好きなチャイコフスキー。 ピアノ組曲『四季』などをじっくり堪能いたしました。 特に『四季』の中の「10月 秋の歌 […]

日記

正しくやりたいのになかなかできません

毎日、目の前のことをひとつひとつこなしていくだけですが、 「どうやるか = 正しくやる」 ということを意識して実践してはいても、人間ですのでどうして も甘えが出たり、欲や恐怖に翻弄されたりして、間違ったことを しでかして […]

日記

一つ一つを丁寧に、確実に

年が明けて早くも半分が過ぎ、仕事が本格的にまわり始めた頃か と思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 やらなければいけないことが次から次へと出てくるでしょう。 仕事だけではなく、日常生活のことも含めると、一つ終わって […]

日記

難易度の高いことをすすんでやろう

目の前に出現した「やらなければいけないこと」の難易度をまず 分析して、難易度が高い、やるのは難しいという判断をしたら、 かける時間を多めに取ったり、できる人に手助けを頼んだりする と良いということを先日書きましたが、 「 […]