日記

日記

代官山で見つけた素敵な扉

今日は天気が良かったので、 代官山駅から仕事場に向かうのに、少し遠回りをしました。 たまにこうやって通勤の時に散歩するのです。 今日の通勤散歩で、とても素敵な扉を発見しました。 まるで絵本の世界へ通じる秘密の扉みたいです […]

日記

美しいもの

美しいものには人生を豊かにする力があります。 書物や音楽、絵画の中に存在する「美」。 道端に咲いている花から溢れ出す「美」。 美しいものは、地球上のあちこちにたくさんあるのに、 豊かな人生を過ごしている人はそれほど多くい […]

日記

美しい女社長

昨日、ご面会のお約束をくださった女社長様に会うため、 渋谷のセルリアンタワーにでかけました。 ホスピタリティーの高いお仕事をされていらっしゃる方で、 お目にかかったところ、とてもやわらかい雰囲気をお持ちで、 お言葉やふと […]

日記

東京の冷たい空気

ここ数日、ひどく寒い日が続いていますが、 皆様、あたたかくしてお過ごしでしょうか? 僕は青森生まれのため、寒さには強いほうなのですが、 東京の寒さはちょっと特殊で苦手なのです。 青森ではこの時期、氷点下になることがほとん […]

日記

音楽の贈り物(結婚式)

先日、インターネットから編曲のご注文をいただきました。 個人の男性の方からで、ご自分の結婚式で、 新婦さんに歌のプレゼントをしたいとのことで、 おそらくご本人が歌っていると思われる アカペラのデモ音源をMP3で送信してい […]

日記

アメリ

むかし大ヒットした『アメリ』が好きで、今でもよく観ます。 この映画の監督 ジャン=ピエール・ジュネの初期の作品 『デリカテッセン』を最近観ました。 グロテスクなストーリーなのに、美しいロマンスの雰囲気が シーンのあちこち […]

日記

新年会

昨日は、映画プロダクション・スタジオビコロールさんの 新年会にご招待いただき、新宿にでかけました。 このスタジオビコロールという会社には、 僕は以前から大変お世話になっていて、 陣汰朗会長や明花社長は、こんな僕にも、 機 […]

日記

バター

僕はバターが大好きで、恐ろしいほどの消費量です。 マーガリンは体に悪いと聞いていたので、 朝食のトーストにはいつもバターです。 バタークッキーもバターロールも、 バターと名の付く食べ物は全部好きです。 溶けた時のあの深み […]

日記

香り

いい匂いがすると評判の僕も、一匹の動物に違いないのですから、 長いこと生活していますとお部屋が生活の匂いで満たされます。 それは玄関のドアを開けた時に分かりますね。 外の新鮮な空気に慣れた鼻は、お部屋の匂いに敏感だからで […]

日記

マカロンのカレンダー

今年はカレンダーを買わずに、 大好きな「Afternoon Tea」というお店から毎月発行される 商品パンフレットの中のカレンダーのページをびりびり破いて、 マスキングテープで壁に直接貼ることにしました。 写真は今月のカ […]

日記

羊羹の黒

和菓子の美しさにはいつもハッとさせられます。 この羊羹の黒をご覧ください。 深くて深くて吸い込まれてしまいそうな黒です。 男子である僕は今からこれを、 包丁で切ることなく丸ごと一本一気に食べるのです。 では、いただきます […]

日記

あぶら

僕はカレーやシチューが大好きで、 何杯でも食べてしまい、周囲の人を驚かせてしまうのですが、 カレーやシチューは、そのほとんどが あぶらでできていると最近知り、愕然としました。 大好きなマヨネーズも、あぶらの塊です。 豚肉 […]

日記

食べる

僕は人前で食べることができません。 もっとちゃんと言うなら、 「食べていない人」の前で、 「自分だけ食べる」ことができないのです。 そのような状況に陥った時には、相手にも食べ物を勧めるか、 自分も食べることを止めるかのど […]

日記

いちごの花

お部屋で育てている野いちごの鉢植えに、 小さな白い花が咲きました。 やがて美しい実となる日を夢見ております。 (早く食べたい。)

日記

御屠蘇

2010年、明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/作曲家 山谷知明 写真は、御屠蘇のバランタイン(ウィスキー)です。

日記

ピンクレモネードのびん

今年のうちに身の周りにあるかわいいものを 写真に撮っておこうと思って、パシャパシャやっています。 これもそのうちのひとつ。 異国のレモネードの空き瓶ですが、結構有名ですね。 僕の大好きなタルト屋さん「キルフェボン」でも出 […]

日記

クッキーの缶

ついつい買ってしまうのがこのクッキー缶です。 世界中の誰もが知っているであろうこれらクッキーのカタチ。 (僕は渦巻き貝殻型のものが一番好きです。) 濃厚なバター風味がとてもおいしいですね。 うれしいのが二重になっていると […]

日記

映画館で泣きました。

昨日、映画を観に行きました。 観たのは『カールじいさんの空飛ぶ家』。 いっぱい泣きました~。 ピクサーのアニメーションは、期待はずれがほとんどないので、 安心して観られますね。(これは本当はすごいことなのです。) 宣伝の […]

日記

乙女缶

小物が散らからないようにしまっておくための缶を買いました。 パリジェンヌのお部屋に置いてありそうな色彩のブリキ缶で、 とても気に入っております。 錆びたり、塗料が剥げたりして、 古くなっていくのが待ち遠しいです。

日記

素敵な贈り物

昨夜、素敵な贈り物が届きました。 いつも僕の音楽を応援してくれている乙女様からで、 映画完成のお祝いにと、かわいいお手紙が添えられていました。 美しいバラのプリザーブドフラワー(造花ではなく、 生花そのものを特殊加工によ […]

日記

新宿で忘年会

昨日、映画『アンダンテ~稲の旋律~』の製作でお世話になった レジェンドピクチャーズ様の忘年会にお招きいただき、 年末の新宿に出かけました。 美味しいお料理とお酒、素晴らしいショーの数々で 時が過ぎるのを早く感じてしまう楽 […]

日記

可愛い包み紙

お菓子の包み紙が大好きで、捨てられません。 特にチョコレートの包み紙が好きです。 板チョコを包んである銀紙まで きれいに取っておくことさえあります。 (チョコの良い香りがして幸せな気持ちになるのです。) 写真は、明治チョ […]

日記

メリィ

親愛なる皆様、メリークリスマス。 写真は、僕の部屋に住んでいるハリネズミくんです。 これから皆様に幸せを届けに行きます。

日記

紅茶の古い缶

WEDGWOODの「青」が好きで、紅茶を飲み終わった後も、 空き缶を捨てることができません。 写真は、すでに生産が終了してしまった貴重なデザインです。 賞味期限の欄に「1998 08」とありますので、 買ったのはかなり前 […]

日記

クリスマス飾り

もうすぐクリスマスですね。 我が家でもクリスマスの飾り付けをしました。 (写真はカーテンレールにぶらさげたフェルトのサンタです。) サンタクロース様。 悲しみの人には、あたたかい幸せを。 もう幸せを享受している人には、少 […]

日記

忘年会

昨夜は、お世話になっている取引先の忘年会にお誘いただき、 錦糸町まで出かけました。 これまで食べたことのないくらい美味しい焼肉をご馳走になり、 お酒もたっぷりいただきました。 この時期はお酒を飲む機会も多いので、 乱れる […]

日記

プリンセスの本棚

我が家に新しい本棚がやってきました。 フランスのお姫様のお部屋に置いてありそうな木製の本棚です。 劇場カーテンのような曲線がとても美しく、 このアイボリーのペンキが剥げ落ちてきたら、 ますます魅力を増してくることでしょう […]

日記

冬のチョコレート

今日、大学時代の後輩から素敵なプレゼントが届きました。 僕の大好きなチョコレートです。 種類の異なるトリュフチョコが美しい箱に詰まっていて、 上蓋を開けた瞬間に幸せを感じました。 今夜から一個ずつ、ウィスキーと一緒に味わ […]

日記

言葉の魔術

「もう年だから。」などと言葉に出して言えば言うほど 不思議なことにその人は老けて見えてしまうものです。 60歳を超えていても年齢のことを決して口にしない人は いつも若々しくて美しいものです。 「痩せなきゃ。」とよく言う人 […]

日記

やわらかい日本のキャンディー

近所のスーパーで、老舗和菓子店の銘菓『太白飴』を発見。 この飴はとてもやわらかくて、口に入れた瞬間に、 まるで餡子(あんこ)のような食感になります。 洋風のお菓子は数個食べるともういっぱいになってしまいますが 和風のお菓 […]

日記

白いチェブラーシカ

僕はロシアのアニメ映画『チェブラーシカ』が大好きなのですが (同じ監督の作品『ミトン』もお勧めです。) 今日、コーヒーショップのドトールでサンドウィッチを買ったら 今まで見たことのない真っ白な色をしたチェブラーシカの ク […]

日記

有楽町マリオンで

本日、映画『アンダンテ ~稲の旋律~』の完成披露試写会が、 有楽町マリオンにて行われました。 朝から冷たい雨が降っていたにも関わらず大盛況で、 映画の評判も良く、有難いお言葉をたくさんいただきました。 遠方からわざわざ足 […]

日記

千葉市文化センターで

昨日、千葉市文化センターのアートホールにて、 映画『アンダンテ ~稲の旋律~』の完成披露試写会が行われ、 ご招待いただきましたので参上いたしました。 「チバテレ」こと千葉テレビ放送さんが取り仕切っておられ、 その日の9時 […]

日記

ピンク大好き

僕はいつからかピンク色が好きになってしまいました。 携帯電話の色もピンクだし、ネクタイの色もピンクです。 ピンクのバラが好きだし、サイトやチラシのデザインをする時も ついついピンク色をたくさん使ってしまいます。 僕の身の […]

日記

中条きよしとSweetMemoriesショー

昨日、「中条きよしとSweetMemoriesショー」が行われ、 僕も音楽で少しばかりお手伝いさせていただきましたので 会場へと出かけました。 「SweetMemories」というのは、 この日のイベントのために結成され […]

日記

異国のチョコレート

ロシアのチョコレートをおみやげにいただきました。 外国のお菓子の包み紙って美しいですよね。 このチョコレートも、赤ちゃんの色彩が強烈です。 青い目に吸い込まれてしまいそうです。 ロシア語の文字がとてもかわいいですね。

日記

おしりとおっぱい

僕は中学生の頃から、女性の美しいおしりが好きなのですが、 以前、仕事仲間の女の子に、 「男って、若い時はおっぱいが好きで、  年を取るにつれておしりに興味がわいてくるらしいわよ。」 と言われてショックを受けました。 とい […]

日記

美しいもの

一日に一回は「美しいもの」に触れたいと思って生きています。 それはラフマニノフのぶつかり合う音が生み出す響きだったり、 キェシロフスキの映画の中のぼんやりした光だったり、 部屋の中のラベンダーの鉢に花が咲いたことだったり […]

日記

冬の空

今日はとても寒くて外も暗いですね。 見上げるとまさに冬の空です。 地球上で偉そうに振舞っていますが、僕たちも動物です。 冬になるととても寂しい気持ちになります。 灰色の冬空の下では、孤独感が増幅します。 みんな窓を閉め切 […]

日記

青森でプロモーション

映画『アンダンテ ~稲の旋律~』のプロモーションのため、 この数日間、故郷である青森に帰っておりました。 一日かけて、新聞社、ラジオ局、テレビ局にお邪魔し、 映画のお話をさせていただきました。 急なスケジュールだったにも […]

日記

六本木の喫茶店

六本木に、待ち合わせ場所として有名な「アマンド」という 老舗の喫茶店があります。 今、沿道工事のため仮店舗での営業となっていますが、 数ヵ月後には元の場所に戻るようです。 先日ここで新しいお仕事の打ち合わせをしていたら、 […]

日記

恐山

自分の生まれ故郷のことは案外知らないものです。 僕も「青森出身です」と言えば、必ずと言っていいほど 「恐山は怖いところですか?」 などと聞かれたりするのですが、 実は恐山には行ったことがありません。 イタコや朱色の三途川 […]

日記

猫の舌

僕はものすごい猫舌で、 お料理が少しでも熱いと食べることができません。 「熱いうちに食べなきゃまずくなるよ。」 とよく言われるのですが、熱いのを無理に食べると、 おいしいまずいどころの話ではなく、それはもう大変です。 む […]

日記

乙女の果実酒

大きなガラス瓶に、フランボワーズと氷砂糖、 そしてお酒を入れて待つこと約一ヶ月。 深い赤色のお酒ができあがりました。 「乙女の果実酒」と名付けました。 小さいキラキラ乙女グラスに注いで飲んでみたら、 甘酸っぱくて美味しか […]

日記

出逢いに感謝

お仕事をひとつすると、たくさんの人に出逢うことができます。 そうやって出逢ったたくさんの人の中に、有難いことに 僕のような人間にも声をかけてくださる方がいらっしゃり、 お仕事上のアドバイスをくれたり、 新しいお仕事を紹介 […]

日記

りんごが届きました

故郷の青森からりんごを送ってもらいました。 深みのある赤色のりんごは、見ているだけで美しいので、 ピアノの上に飾ったりしています。 外から帰ってきて部屋に入ると、 りんごの甘い香りがして幸せな気持ちになります。 「金星」 […]

日記

根っこ

1ヶ月ほど前に、家の近くの道端で取ってきたアイビーを ジャムの空き瓶に入れて水に浸しておいたら、 白くてかわいい根っこが生えてきました。 もう少し生やしたら、鉢に植え替えようと思っています。

日記

美しい一日

先日、久し振りに大好きな町 自由が丘に行ってきました。 雑貨屋さんもカフェもクリスマス飾りに彩られていました。 僕はクリスチャンではありませんが、 クリスマスが近づくと胸が騒ぎます。 それは、大切な人と一緒に過ごすとか、 […]

日記

ゆっくり食べる

僕は大食いであるということを以前書きましたが、 大食いだけではなく「速食い」でもあります。 (「早食い」とよく書きますがこれは間違っていると思います。 食べる速度が「速い」ということですので、 「速食い」と書かせていただ […]

日記

スミレのシトロネード

映画音楽のお仕事がようやく終わったので、 次のお仕事に入る前に一息入れようと思い、 田園都市線のとある駅で降りて、裏路地のカフェに入りました。 アンティークのテーブルとイス、年季の入った食器棚、 古本のディスプレイなど、 […]

日記

レコーディングが終わりました

親愛なる皆さん、お久し振りです。 ほぼ毎日のようにブログを書いていた僕が 今日までの約一ヶ月間、まったく更新しなかったため、 たくさんの方からご心配のメールをいただきました。 中には、「生きていますか?」とか「とても心配 […]

日記

冷たい空気とせつなさ

朝夕、肌寒い季節になりました。 僕は北国生まれのせいか、 暑いよりも寒いほうが体の調子が良いです。 空気が冷たいと、感覚が冴える気がするのです。 「せつない」といった感情が、いつもよりも大きくなるのも この季節の特徴です […]

日記

すすきが美しく開きました

近所の公園に、すすきがたくさん茂っていたので、 少しばかり泥棒してきて部屋に飾りました。 泥棒してきた時には細長く閉じていたのですが、 翌日から開きだして、今では美しい箒のようなかたちです。

日記

そっちのほう

「山谷さんは、こっちのほうですか?」 と、いわゆる「男性が好きな男性のジェスチャー」を見せられ、 尋ねられることが多いのですが、 残念ながら僕は「そっち」ではありません。 むしろ、女性が好きで好きでどうしようもないくらい […]

日記

雪のにおい

僕の故郷の青森では、この時期になると、 「雪のにおい」がしてきます。 雪ににおいなんてあるの? と言われそうですが、初雪の降る前夜に外を歩いていると、 冷たくなった空気の中に、不思議な香りを感ることがあります。 あ、明日 […]

日記

美女お三方と凄腕社長

今日は、今年の12月に千葉県で行われる 音楽イベントの打ち合わせに行ってきました。 ご縁があってご依頼をいただいたお仕事で、 劇団四季出身の、レーマン・ユウコさん、和田麻里さん、 鈴木智絵さんとの音楽の打ち合わせです。 […]

日記

音楽の未来

CDが売れずにレコードショップがどんどん店仕舞いし、 ヒットチャートのトップ10の中のほとんどが ベスト盤(過去の遺産への依存)というこの時代において、 音楽の「これから」を模索する動きは続いています。 僕は、今後は「ラ […]

日記

撮影が無事に終わりました

僕が音楽を担当している映画『アンダンテ ~稲の旋律~』が 先月末で撮影を終え、現在、編集作業に入っています。 音楽は通常、この編集作業からが本格スタートとなるのですが、 今回は役者さんが楽器を奏でるシーンが多いということ […]

日記

美しいか美しくないか

「山谷さんにとって、価値判断の基準は何ですか?」 と、ある人に尋ねられて、 「美しいか、美しくないかです。」 と、自分でも驚くくらいの速さと自信で答えてしまいました。 僕にとって「美」というのはとても大きなもので、 「美 […]

日記

今持っているもの

今持っているものから始めなければいけません。 他人の持っているものを羨んだり、 持っていないことを嘆いたりしていても 夢に近づくことはできないのです。 今持っているものを少しずつ育て、地道に歩いていけば、 いつか夢に描い […]

日記

インスピレーションの蓄積

インスピレーションがなくても、 技術だけである程度のものは創作することが可能です。 しかし、インスピレーションによるものは 作品の質が良いことが多いものです。 だからと言って、オーダーがあった時に、 そのオーダー通りのイ […]

日記

最悪の状況

どんな時でも常に「最悪の状況」を想像し、 そうなった場合の対処方法を準備しておかなければいけません。 人間はどうしても良いことばかり空想しがちですが、 現実は悪い方向に転がることのほうが圧倒的に多いです。 何かを始めたな […]

日記

危機意識を持つ

今いる場所をスタート地点として、 目指すべき場所をゴールと設定すると、 その二つをつないでいる道は、 決して一本だけではないはずです。 また、まっすぐでもありません。 複雑に曲がりくねって、 同じ場所を何度もウロウロした […]

日記

心の免疫

「悲しみや苦しみから遠ざけよう、  つらいことは見せないようにしよう。」 というのは親が子に抱く共通の想いです。 しかしこれはとても危ういことです。 汚い世の中を生きていくためには、「心」にも免疫が必要で、 それは悲しみ […]

日記

意地悪な人

意地悪な人は、きっととても不幸せな人なのです。 そのことを分かって接してあげなければいけません。

日記

頭と心

頭では分かっていても、 心がなかなか応じてくれないことがあります。 それは、とても重要なシグナルです。 人は、頭からの命令(理性)に従い、 心からの命令(感性)を無視することが まるで良いことのように錯覚してしまいがちで […]

日記

ビジネス

ビジネスというものは、 お金を払ってくれる人に、いかに「つながるか」です。 直接つながれば利幅は大きくなり、 間に人が入れば入るほど、当然のことながら利幅は縮小します。 しかし、お金を払おうとしている人まで「たどり着く」 […]

日記

幸運の女神

ドストエフスキーの小説の中に、 「彼は女によって得られるものが、  とても大きいということをよく知っていた。」 という言葉がありますし、 寺山修司の本の中にも、 「この世に存在するのは、運のいい女と運の悪い女だけである。 […]

日記

信念

どんなにお金を積まれても、どんな大きな圧力をかけられても、 絶対に譲ることのできないことがあって、 それは、他の人から見れば、 「どうしてそんなことで」 と言われるようなことであったとしても、 その当人にとっては、何物に […]

日記

「安かろう良かろう」

「安かろう悪かろうではない。」 というアピールをよく聞きますが、 「安かろう良かろう」というものには 未だ出会ったことがありません。 せいぜい「安かろう悪くはなかろう。」とか 「安かろうまあまあだろう。」という程度のもの […]

日記

自画像

作品は、それがどんな作品であっても、 すべてその作者の「自画像」です。 自分以上にも、自分以下にもすることはできません。 つまらない作品を作ってしまったのなら、 その時の自分はつまらない人間だったのだという 残酷な認識を […]

日記

根性

 根性が大切なのだ。  一生のうちでせめてたった一度でも  根性を貫き通しさえすれば、それがもうすべてなのだ。                   ドストエフスキー ◆・◆・◆・◆ 守るべきものを、守るべき時に、全身の力 […]

日記

美の力

「美」には人を無力にさせる大きな力があります。 「美」のすごいところは、 「その美を認めようとしない人々」の心までも 動かしてしまうことですね。

日記

自分の器

自分の「器」を広げるには、苦痛を受け入れて、 ひとつずつ消化していくしかありません。 ■眠いのを我慢して仕事をする ■手一杯の時でも新しい仕事を引き受ける ■「もうできない」と思った時点からもうひとつやる ■自分が欲しく […]

日記

作用と反作用

何かを成し遂げようとしたり、前に進もうとする時には、 必ず何らかの「抵抗」に直面し、 それを押しのける力が必要となります。 「作用」には、それとは逆向きの力である「反作用」が 必ず存在するからです。 「わたしはちゃんと前 […]

日記

はみ出る

どんなにはみ出して生きているような人でも、 空の鳥の目で見ると、他の誰とも変わらない普通の人です。 人間はそんなに簡単にはみ出したり 飛び出たりできるものではありません。 今斬新に見えるようなものは、 1000年前にすで […]

日記

進歩

他人とのコミュニケーションの中で 自らの弱点を発見し、認め、克服していくこと。

日記

シンプルに生活する

現代日本人はもはや「モノを買う」ことでは 快感を得られなくなってしまいました。 むしろ「モノを買わない」ことのほうが心地いい。 極限まで無駄をそぎ落とし、シンプルに生活したいものです。

日記

あの人の速度

いつも早足の僕は あの人と一緒の散歩道、 そのあまりにもゆっくりな歩みに 時々苛立ったりしていました。 でも最近気が付いたのは、 あの人の速度で肩を並べてゆっくり歩くことで、 今まで見落としていた宝物の 何と多かったこと […]

日記

悩み事

「悩み事」は常に付きまとい、「行動」に影響を与えます。 忘れたフリをしても、ふとしたことでムクムクと膨らんで ズキズキ痛み始めます。 忘れようとすればするほどその痛みは増してきます。 「悩み事」とは「上手く付き合う」こと […]

日記

階段

階段の最上階に上がるためには まず一段目に上らなければいけません。 一段飛ばしで上がれることもあるが ほとんどの場合、それはとても危険な賭けで、 足を踏み外して一番下まで転げ落ちることになります。 着実に一歩一歩上ってい […]

日記

未来

値段が安い時に買って高い時に売れと言いますが それは容易いことではありません。 安いと思って買った時が高値だったり、 高いと思って売った時が安値だったりするからです。 人間は未来を予測することはできても、 100パーセン […]

日記

凝り固まった思考

人間は「凝り固まった思考」に影響されてしまいます。 朝、ズボンを右足から履かなければ その日一日が不運になってしまうような気がして どうしても左足から履くことができなかったりします。 気のせいだとは思っていても それから […]

日記

行列のできるラーメン屋

多くの人が「前へならえ」で右に行ったなら 僕は左へ行くでしょう。 多くの人が買おうと殺到しているものには目もくれず 僕は「誰も買わないもの」を手に取るでしょう。 行列のできるラーメン屋に並んでまで、 食べたくなんかありま […]

日記

心の弱い人

人間の社会はとても汚いから、 やわらかくて繊細な心の持ち主は、とても生きてはいけません。 特にそのような人は、自分自身が傷つけられることにではなく、 自分が人を傷つける(あるいは傷つけたと思い込む)ことで 大きな傷を背負 […]

日記

スタートライン

低い場所で、高い理想を叫んでも 誰も耳を傾けてはくれません。 自分を認めてもらうには、まずはその高みまで、 命を削ってでも上らなければいけません。 そこで初めて、人は話を聞いてくれるでしょう。 そしてやっとそこから勝負が […]

日記

悪と闘う

この世の「悪」とは徹底的に闘う覚悟があります。 その結果、大きな損失やダメージを受けることになったとしても 決して後悔することはないでしょう。 「悪」を打ちのめすことに躊躇はしません。 僕がこれから一生をかけて闘う「悪」 […]

日記

限界点

自然界の物事はすべて 限界点を超えた瞬間に段階が上がります。 それは決して、正比例グラフでは表すことができません。 限界点を越えるその瞬間まで、 どれだけエネルギーを注いでも、 目に見える変化はありません。 そして、限界 […]

日記

無償の愛

先日、ある有名な哲学家の女性にお会いする機会があり、 「無償の愛」について語り合いました。 結論から言えば「無償の愛」は存在しない、ということでした。 まず最初に言っておかなければいけないのは、 この場合の「無償」とは「 […]

日記

僕が一番見たいもの

僕は特に欲しいものもないし、 どこか行きたいところがあるわけでもありません。 一人きりで家にこもってピアノを弾いたり、 音楽を創ったりして一生暮らしても全く平気な人間です。 でも、僕の大切な人には この世界に存在する様々 […]

日記

してあげる

自分が「してもらう」のではない。 まず先に自分が相手に「してあげる」のです。 自分一人で「気持ちよくなる」ことなどできません。 相手を「気持ちよくしてあげる」ことが大事で、 そうすれば自ずと自分も「気持ちよくなれる」ので […]

日記

オブラート

時代を先取りした表現や、極端に独創的な表現は、 多くの人に受け入れてもらうために、 オブラートに包んで投げかける必要があります。 「すでに巷に溢れかえっている表現」という名のオブラートで 包み込んで、まずは飲み込んでもら […]

日記

明日の支え

ひとつひとつを丁寧に丁寧に積み上げていくだけです。 毎日の行動の細部に磨きをかけなければいけません。 昨日の行動の結晶が、明日の支えとなるでしょう。

日記

しめきり

小学校の「道徳」の教科書に、 「図工の時間に、先生が、はい、ここまでです。と言ったのに かおりちゃんは間に合いませんでした。 かおりちゃんは休み時間も工作を続けました。 そうして出来上がったかおりちゃんの作品は、 他の誰 […]

日記

壁掛け時計

古い秤をデザインしたお気に入りの置時計があるのですが、 この置時計を何とかして壁掛け時計にしたいと思い、 絵画などを飾るためにセットされたフックに 強引に吊るしてみたのですが、いかがでしょうか・・・

日記

否定と提案

他人を批判することで 自分の価値を上げようとする人がいますが、 これは最低人間です。 何かを否定することで 自分の思想を正当化しようとする人がいますが、 これも最低人間です。 どちらも、いんちきコンサルタントやダメな評論 […]