日記

日記

おいしい雨

僕は水をたくさん飲みます。 朝に目が覚めたら飲み、シャワーを浴びた後に飲み、 作曲しながら飲み、ピアノを弾きながら飲みます。 大好きな珈琲を飲みながらも、 別のグラスに注いでおいた水を飲みます。 水は、ゴクゴクと勢いよく […]

日記

よく切れるナイフ

自分自身の中に、 よく切れるナイフを一本持っていて それは時折、誰かを傷つける。 とても大切な人までも。 ナイフは「言葉」に姿を変えて、 相手の耳から入り込み、 心の最もやわらかい部分へと突き刺さる。 そうして、そうなっ […]

日記

「価値」の時間的変遷

最近、「価値」というものについてよく考えます。 ある人にとっては喉から手が出るほど欲しいものが、 ある人にとってはまったく不必要なものであることもあります。 まったく同じものでも、受け取り手によって、 これほどまでに異な […]

日記

男子の本能

僕のところに届く悩み相談のメールに、 「不倫の恋」についてのものが多いのですが(なぜ僕に・・・) 僕はキッパリ言うようにしています。 男にとって、奥さん以外の女の人は、みんな娼婦です。 普段は穏やかな面持ちで、毒など吐く […]

日記

価値観

ジャムの空き瓶や 買い物についてきたきれいなタグなどを まるで宝物のように大切にしている人 こういう価値観を持った人はきっと 世界中の誰よりも大金持ちで 誰よりも幸せになれるにちがいありません

日記

純度100パーセントの祈り

年をとるごとに、願いの方向が変わってきました。 自分の夢や欲望に対してではなく、 遠くにいる大切な人の無事や、 会ったこともないけれどいつも必ずどこかに存在している 傷ついた人の幸せを祈ったりするようになったのです。 「 […]

日記

間違ったアピール

「僕、昨日は深夜まで会社にいました。」とか 「まだ会社で仕事してます。」などと言う人がいますが、 これは間違ったアピールです。 よくよく考えてみると、 そんなことを口にすることはとても恥ずかしいことです。 「がんばってい […]

日記

チョコレートと石けん

僕はチョコレートと石けんが大好きです。 チョコレートはほとんど毎日のように食べるし、 石けんは使いもしないのに、きれいなのを見つけると 思わず買ってしまいます。 (ピアノの上に飾ったりしています。) どうしてこのふたつが […]

日記

人を傷つけて感じる痛み

人は人を傷つけずに生きていくことはできませんね。 相手が傷つくと分かっていても、その人のためを思えばこそ、 言わなければいけないこともあります。 誰かに優しくすることで、 他の誰かを悲しませてしまうこともありますね。 世 […]

日記

寂しがりやのウサギさん

「寂しがりや」をアピールする女の子なんて大嫌いだ~。 お酒の席などで、 「あたしすごく寂しがりやなの。」 と自分から言うような女の子に対して、 「ほんとうかい?」 と、ついつい疑いの言葉を浴びせたくなってしまいます。 先 […]

日記

怒りのボーダーライン

僕はどんなトラブルにも頭を抱え込まないし、 かなりひどい悪口を言われても軽く笑い飛ばせる性格です。 「あなたって怒ることあるの?」とよく言われます。 そんな僕ですが、ひとつだけものすごく腹の立つことがあって、 それは、僕 […]

日記

しあわせな人

誰かから何かを与えてもらったり、 何かをしてもらう人がしあわせなのではありません。 誰かに何かを与え、何かをしてあげることで その人を笑顔にしてあげられる人こそ、 本当のしあわせ者なのです。

日記

外見と内面

「人は外見ではない。中身が大切だ。」とよく言われますが、 それは果たして本当でしょうか? 僕はそうは思いません。 外見もとても大切だと思っています。 なぜなら、外見こそがその人の内面を知ることのできる いちばんの要素だか […]

日記

負けても立ち上がる組

勝ち組。 負け組。 あなたはどっちと訊かれたなら、僕はこう答えるでしょう。 「僕は『負けても立ち上がる組』です。」 僕はよく負けます。 失敗もしますし、落ち込んだりもします。 誰でもできるようなことがなかなかできなかった […]

日記

大きな変化は一瞬

大きな変化は一夜にして起こります。 自己内部の変化も、大きな権力を倒す革命も、 たった一夜のたった一瞬によって起こります。 ずっと守り通してきた考えが、ふとしたことで、 まるで正反対の考えに変わることもありますね。 そし […]

日記

孤独感

太陽が出ている間は自分の心を保つことができます。 しかし、夜になるとまるでだめなのです。 空には太陽の代わりに月があり、 それが暗闇を静かに照らしていたとしても 僕の中では鋭い孤独感が呼吸しています。 孤独はまさに「夜行 […]

日記

歯医者さんで熟睡

先日、地獄の歯医者さんに行きました。 麻酔をする治療だということで、 朝からガタガタ震えていましたが、 診察台に横たわったとたんにものすごい睡魔が・・・ 長い間続いていた極度の睡眠不足のせいで、 恐るべき地獄の歯医者さん […]

日記

義務教育

「義務教育」というのは、 「勉強しなきゃいけない義務」ということではなく、 「親が子供に教育を受けさせる義務」であり、 子供たちにとっては、教育を受けるのは「権利」なのです。 それなのに、「勉強」=「めんどう」=「義務」 […]

日記

ありきたりすぎて吐き気がするシーン

1、砂浜を二人で走るシーン。 必ずと言っていいほど、男子が女子を追いかけている。 (女子が男子を追いかけたっていいと思うのだが。) そしてなぜか、追いかける男子は、とてもゆるい速度だ。 (「待てよぉ。」と叫ぶわりには本気 […]

日記

後悔

あぁ、あの時、こうすればよかったなぁとか、 あの時、あんなこと言わなければよかったなぁとか、 そんなふうに思うことってよくありますね。 むしろ、そんな思いの積み重ねが人生だという気さえします。 大切な人を傷つけてしまった […]

日記

睡眠不足

以前もブログに書いたように、 いつでもどこでも何時間でも眠ることのできる僕ですが、 ここ数日、極度の睡眠不足が続いており、 水底の泥のようにぐっすりと眠りたいと思っている毎日です。 僕は睡眠不足になると、身体が熱を帯び出 […]

日記

映画に費やす時間

「どのくらい映画観ていますか?」 とよく聞かれます。 僕は、仕事も含めて年間約500本の映画を観ています。 (同じ作品を何度も観ることがあるのでそれも数えると。) 1日に1~3本の映画を観ている計算になり、 映画は1本約 […]

日記

さよなら、スーパースター。

マイケルジャクソンさんが亡くなったそうです。 夜空から大きな星がまたひとつ消えたみたいで寂しいです。 あれほどの功績を残し、話題を提供し、 莫大な大金を稼いだ人でも、 最後の最後はこのように亡くなってしまうなんて 人生と […]

日記

心のデトックス

先日、『心のままに泣きましょう』という文章を書いたら、 たくさんの人からメールをいただきました。 「なかなか周りの人には話せないので、  わたしの話、聞いてください。」 という方が多く、 「心の奥を話せる相手」「心のまま […]

日記

横顔フェチ

僕は「横顔フェチ」です。 女性の美しい横顔を眺めているだけで ごはん三杯はイケます。 女性の横顔で特に美しいと感じるのは、 物想いに沈んでいる時の、長い睫毛でうつむきかげんの横顔と、 揺るぎないプライドが光る凛とした横顔 […]

日記

ゼロを1にする難しさ

先日ある人から、 「ゼロを1にするのは本当に難しいことなんだ。  評論家のように自分は何も生み出せないくせに  人が作ったものについてあれこれ言うだけの人間は  実につまらない。あなたのやっていることを応援します。」 と […]

日記

心のままに泣きましょう

涙は、悲しくても流れるし、うれしくても流れます。 だから、悲しみもうれしさも、本当は全く同じ種類のもので、 「心がちゃんと動いている」ということですね。 おそろしいのは、「涙が流れない」ということです。 映画を観て泣きま […]

日記

映画の撮影

先日、映画『アンダンテ ~稲の旋律~』のロケを見学しに、 千葉県の横芝光町というところに行ってきました。 いくつもの田園が広がっている、とても美しい町です。 映画音楽作曲のイメージを確認するために出かけたのですが、 僕は […]

日記

ある日突然気付く大切なこと

僕の大好きな作家 ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』 の中にこんな言葉があります。 「人間が幸福を知り尽くすには、  一日あればじゅうぶんですよ。」 人間はあらゆるものに「だんだんと」気が付くのではなく、 ある日突 […]

日記

古くて美しいもの

僕はアンティークが大好きです。 錆びた古い空き缶、年代物の木製椅子、くすんだガラス瓶、 レトロな陶器の置物、黒電話、古いミシン、使い込んだ鍋など 古いものに惹きつけられます。 アンティークや古本の良さというのは、 「時間 […]

日記

恐るべし『肉食女子』

『草食男子』に引き続き、ついに『肉食女子』の登場です。 【草食】は「恋愛や性的関係に消極的なこと」であり、 【肉食】は「恋愛や性的関係に積極的なこと」だそうです。 何も今更大げさに騒がなくても 女の人は太古の昔から「肉食 […]

日記

作曲のピアノ

ピアノは、超低音から超高音まで一人で出せるので、 作曲する時には便利な楽器です。 バイオリン、フルート、チェロ、トランペット、クラリネット、 サックス、オーボエ、トロンボーン、コントラバス・・・など オーケストラには様々 […]

日記

お米のおいしい恋人

僕はお米が大好きで、何杯でも食べられます。 (一人で三合を一気に食してしまうこともあります。) お肉やお魚をおかずにしてモリモリ食べるのが好きですが 最近、健康を気にかけるようになり、 あまり好きじゃない野菜をもっといっ […]

日記

抹茶モンブラン

作曲は脳と心を酷使するので、とても疲労します。 そんな時は大好きな甘いもの。 今日は、濃厚な抹茶のモンブランです。 ほんの少し舌先の乗せただけで素晴らしい甘みが広がる 抹茶の香りのモンブランでした。 ごちそうさまでした。

日記

すみれ色のルクルーゼ

美しいかたち、美しい色の調理器具が大好きです。 眺めているだけでうれしい気持ちになります。 ルクルーゼは赤い色のものが有名で人気がありますが、 他にもたくさんの色があって、どれも陰影に富んでいて素敵です。 写真は、印象的 […]

日記

幸せな快感

「贈り物は誰のためにするんだろう。」 と真剣に考えたことがあります。 プレゼントをあげた時の相手の喜ぶ顔を見た瞬間、 自分の心には確かに「快感」が生まれるのであって、 それは相手のためではなく自分自身のためですね。 その […]

日記

前へならうな。右向け右で左向け。

僕の嫌いな言葉。 前へならえ。 右向け右。 この言葉ひとつのせいで人は盲目になり、 真実から目をそむけ、本当に大切なものを見失ってしまいます。 今、新型インフルエンザが流行っていますが、 「マスクが買えない」というテレビ […]

日記

ラジオの収録

昨日は、ラジオの収録が三軒茶屋のスタジオでありました。 東京が一望できる高層ビルの最上階にあるスタジオで、 ガラス張りの開放的な空間の中、 とても気持ちよく収録に参加させていただきました。 極端に緊張する性格の僕ですので […]

日記

怠惰な男

僕は怠惰な人間です。 やらなければいけない仕事が山積みなのに一向に動こうとせず、 部屋の中で寝そべってゴロゴロしたりします。 締め切りが近づいてもまったく手をつけようとせず、 映画を観始めたり本を読み始めたりする始末です […]

日記

携帯へ直メール!

僕は外で人に会ったりスタジオにこもることが多いため、 ほとんど会社にいることはありません。 そのため、緊急のご依頼や急ぎのご相談に迅速に対応するため、 インターネット上に、僕の携帯電話にリアルタイム送信される メールフォ […]

日記

前に進むためのチャンス

「逆境こそチャンスである」 という言葉がありますね。 まさにその通りだと思います。 うまくいっている時は、人は盲目になり怠惰になります。 前進することをやめ、同じ場所にいつまでも留まろうとします。 そして、悲しみや苦痛が […]

日記

「今が一番いい。」

今日は午前中パソコンに向かって仕事をし、 午後からピアノに向かっての仕事に入る前に、 家の近くの公園に散歩に行きました。 とてもよく晴れていて、公園ではたくさんの人たちが それぞれの休日を過ごしていました。 「あぁ、あの […]

日記

仕事しているポーズ

多くの時間を浪費して仕事をしている人よりも、 同じ仕事量を短時間で集中してこなしている人のほうが、 評価されないのはなぜだろう。 時間をかければかけるほど、 「よく仕事をしている」というのだろうか? 忙しい忙しいと文句を […]

日記

孤独の時間

僕の休日には、「孤独の時間」とでも呼びたくなるような 時間帯があります。 仕事をしている日には、忙しさのためそんなことはなく 一日が慌しく過ぎるのですが、 休日には確実に「孤独の時間」が訪れます。 それは僕の場合、午後4 […]

日記

枯れ際のバラ

僕はバラが大好きです。 みずみずしく咲き誇っているバラも当たり前に美しいですが、 枯れ際のバラもまたいいものです。 花びらの色がくすみ、輪郭はすでに水気を失っていますが、 それがまたとても美しいのです。 それは決して、咲 […]

日記

いよいよクランクイン

僕が音楽を担当させていただく映画『アンダンテ 稲の旋律』が いよいよクランクイン(撮影開始のこと)します。 これからの数ヶ月間、 シナリオと五線紙と鉛筆とピアノとパソコンを前に、 過酷な創作の日々が始まります。 映画『ア […]

日記

寝つきのよい男

今週は(と言ってもいつものことですが)、 徹夜での曲作りが続いているため、強烈な睡魔に襲われて、 フッと意識が遠のく瞬間があります。(危険・・・) 「春眠、暁を覚えず」という故事成語にもあるように、 春だからますます眠い […]

日記

ピンク、大好き。

家の前の桜並木から花がすっかり散ってしまって、 道がピンク色になっています。 ピンク色の道を歩くのはとても気持ちがいいです。 (桜の花びらたち、ごめん。) 僕は男なのにピンク色が大好きで、 携帯電話もネクタイもピンクです […]

日記

女が世界を動かしている

この世界は女が動かしています。 男は、ただ威張ったり自慢したりしているだけで 実は何もしていません。 「有名シェフや著名な芸術家はみんな男じゃないか。」 とよく言われますが、あれだって本当は男の力ではありません。 その男 […]

日記

自分で自分の首をしめた女の子の話

僕の友人が彼女と一緒に過ごしている時に、 テレビに映ったタレントを指差して 「あの子かわいい。」 って言ったら、彼女が冷たくひとこと。 「あなたって『ブス好き』なのね。」 ・・・・・・ 彼女さん、キミ・・・その男の彼女で […]

日記

渋谷のレコーディングスタジオ

今日、渋谷にあるレコーディングスタジオに お邪魔させていただきました。 出迎えてくださったエンジニアとスタッフの方が とても感じの良い方たちで、楽しく見学させていただきました。 エンジニアの方というのは、 それこそ「音を […]

日記

想像するだけで痛いこと

■口内炎の白い部分に、  間違って爪楊枝の先を突き刺してしまう。 ■ポテトチップのコマーシャルのマネをしようとして、  右手に持ったポテトチップを右から左に  勢いよく振りながら食べようとして、  間違って口の端を切って […]

日記

たったひとつの言葉

今、日頃お世話になっているプロダクションから依頼されて、 所属タレントさんのCD用の楽曲を作っているのですが、 歌というのは、もしかしたら「たったひとつの言葉」を 言いたいがために存在するのでは、という気がしています。 […]

日記

美しい乙女のためのピアノ小品

「百年に一度の不況」などと言われ、 大手銀行や大企業の赤字転落が続いている今ですが、 マクドナルドやユニクロなどは「過去最高益」を実現するなど 絶好調のようで、それらの企業に共通しているのは、 徹底した「低価格戦略」のよ […]

日記

美しい和菓子

僕は洋菓子も大好きですが、和菓子も大好きです。 洋菓子のビジュアルも美しいですが、 和菓子は特に、見た目が洗練されていると思います。 季節ごとの自然の変化を封じ込めた色彩や、 「静寂」をそのまま固形にしたようなシンプルな […]

日記

作品は「心のヌード」

作曲をするということは僕にとって、 「自分自身の内面をさらけ出す」ということです。 作品は、僕の「ヌードな心」と言ってもいいくらいで、 実は、肉体の全裸を見られるよりも大きな恥じらいを 感じることがあります。 僕は作曲を […]

日記

僕とコーヒー

僕はコーヒーが大好きで、一日に何杯も飲みます。 朝食の時にも、打ち合わせで喫茶店に入っても、 いつもコーヒーです。 仕事をする時には机の上に、作曲をする時にはピアノの近くに、 いつもカップが置いてあり、 おいしいコーヒー […]

日記

しあわせの魔法

恋人やパートナーと楽しい人生を送るためには、 「何もないところでどれだけ楽しいことができるか」 が重要ですね。 ディズニーランドとかクリスマスとか行列のできる店とか そういうものよりも、 街角の小さな喫茶店に入って普通の […]

日記

一人になるテクニック

僕は、作曲をしている間は一人になりたい人間です。 (まことに身勝手なことですが。) すべてのものをシャットアウトして あらゆる扉という扉をすべて閉め切って、 たった一人で部屋に閉じこもって、コソコソと作ります。 「過程」 […]

日記

「御」の字の謎

会社をやっているため、 請求書や見積書を書くことが多いのですが、 いつも迷うのが、「請求書」や「見積書」の上に 「御」の字を付けるかどうかということ。 よく、「お見積を出させていただきます。」とか、 「ご請求させていただ […]

日記

音楽の外側と内側

音楽には外側と内側があって、 外側というのはいわゆる「耳に聞こえる部分」のことで、 ジャンルや、使用されている楽器、テンポなどの 音楽を構成する具体的なもののことです。 そして内側というのは「心で感じる部分」のことで、 […]

日記

社名恐怖症

僕がやっている会社の名前は、 「株式会社サウンドジュエルデザイナーズ」と言うのですが、 こんな長い名前を付けてしまったために、 苦労することが結構あります。 営業に出向いた時、訪問先の会社の受付インターホンで、 社名を告 […]

日記

音楽家は激怒した。

いつもはクールな僕ですが(自分で言ってごめんなさい)、 とても許せないことがありましたので、 このホットな気持ちが冷めないうちに書いてしまいます。 先日、埼玉でCDやDVDなどをプレスしている(らしい)会社の 社長さんか […]

日記

春の不思議なドキドキ感

東京では桜が咲きました。 春になると変な人が増えるとか、桜の樹の下の狂乱とか、 どうやら春は、人の心理状態を乱す季節のようです。 確かに自分自身を振り返ってみても、 春になると変にワクワクしたり、 理由もなく心臓がドキド […]

日記

苦しみや悲しみを消し去る魔法

人間が安心したり癒されたりするのは、 「ああ、こんなに苦しんでこんなに傷ついているのは  自分だけじゃないんだ」と認識した時です。 自分よりももっと不幸せな人がいる 他人の不幸は蜜の味 という意地悪な視点ではなく、 もっ […]

日記

創作のおともに「プティ・チコパイ」

僕の机の上には、常にお菓子があります。 特にチョコレートが大好き。 創作で疲労した脳に、甘い砂糖を送り込んでくれます。 写真は今日のお菓子「プティ・チコパイ」です。 (「プチ」ではなく「プティ」、「チョコ」ではく「チコ」 […]

日記

複雑なシンプルさ

作曲をする時、グラフィックやホームページを作る時などに いつも思っていることですが、 「シンプルなものこそ美しい。」 古今東西の「美しいもの」はすべて、 複雑で小難しいものではなく、とても「シンプル」です。 しかし、「シ […]

日記

ジャムの瓶、捨てられない。

ジャムの空き瓶、僕、捨てられません。 パンに塗ってジャムをたいらげた後、 今度こそ、捨てよう捨てようと思うのだけれど、 ガラスのかわいい瓶。 やっぱり捨てることができません。 ペン立てに使ったり、小物入れにしたりして活用 […]

日記

「プリンセス」に憧れる男子

僕は男のくせに「プリンセス」な雰囲気が大好きです。 ■美しいバラ ■カラフルなお菓子 ■きれいな装飾のついた食器や雑貨 ■ヨーロッパの古いお城 ■レースのついた服(もちろん着れませんが。。。残念。。。) など。 特にヨー […]

日記

美しい背中

お世話になっているプロデューサーの作品の音楽を 今日の明け方になってやっと完成させました。 納得がいかず何度も何度も作り直したため、 ずいぶんお待たせしてしまいました。 プロデューサー、ごめんなさい。 徹夜明けの朝は、気 […]

日記

人間恐怖症

僕は、自分が「人間」なのに、「人間」がとても苦手です。 「人間恐怖症」と言ってもいいかもしれません。 まず、人との間に発生する「沈黙」に極度の恐怖を感じます。 電話での沈黙はもちろんのこと、 面と向かって話している時にも […]

日記

神様の悪意

僕は、神様が本当にいるかどうかは知らないけれど、 神様の悪意を感じることは、たまにある。 朝寝坊すると、必ず冷たい雨が降っている。 玄関を一歩出ると、そのとたんに雨が強くなる。 やっとの思いで駅にたどり着いて、 傘をたた […]

日記

がんばる日とがんばらない日

人のエネルギーには限りがある。 ずっとがんばり続けることなどできない。 おなかもすくし、眠くなったりもする。 気分が沈んで、仕事がまったく進まないことだってある。 一週間に使えるエネルギーの量を「700」とすると、 月火 […]

日記

神様の強硬手段

昨夜の東京は雪でしたね。 凄く寒い夜でした。 いつも思うことですが、人間のようなちっぽけな存在が 「自然」という大きなものに勝てるわけがありません。 どんなに科学を発達させて、暑い日を涼しく、 寒い日をあたたかく過ごせる […]

日記

音の絵画

早くも2月最終日です。 昨日の雪に心を洗われ、新たな気持ちで3月もがんばります! 音楽を作っていていつも思うことなのですが、 作曲というのは絵を描くことにとても似ています。 ひとつひとつの楽器は絵の具です。 五線紙は真っ […]

日記

靴ひも結んで転んだ

小学生の頃の話です。 毎週土曜日にやってる全校集会で、 体育館の床にみんなで安座をしていました。 校長先生の話が、あまりにつまらないので、 右の靴ひもと左の靴ひもを結んで遊んでいたら、 間違って、玉結びをしてしまいました […]

日記

最悪な罰ゲーム

僕は恐ろしいほど集中力が持続するため、 このところ一睡もせずに、 ギラギラした眼差しで仕事をしていました。 今もまだ頭がギンギンに冴えているのですが、 心と体に良くないので、 何かとても馬鹿馬鹿しいことを考えてみることに […]

日記

ボロボロの鉛筆

今日は一日中、五線紙に向かっていました。 依頼されているピアノ曲の作曲のためです。 僕は作曲する時も手紙を書く時も、 使うのはいつも鉛筆です。 書いていくうちに線がだんだん太くなってきて、 そうすると手の中で回転させて細 […]

日記

いちごのデザート

昨日は久しぶりの休日だったので、 青葉台を散歩して果物屋さんでおいしそうな苺を買い、 家に帰って「いちごのデザート」を作りました。 苺は香りがいいですね。 植物学では「バラ科」に属するそうなので、 香りが良いのも頷けます […]

日記

美人と雨傘

僕は、美しいものを追い求めることを仕事にしているため、 美醜についてはかなり敏感なほうです。 「美しい」ということが価値判断の一番の基準になっていて、 「便利さ」や「美味しさ」よりも優先してしまいます。 とにかく美しいも […]

日記

チョコレートのようにおいしい演奏家たち

昨日、福岡の方から生演奏の依頼がありました。 「カフェのイベントでバイオリンのコンサートを企画したい」 とのことだったのですが、弊社の演奏家たちは皆 首都圏在住のため、「交通費がお高くなってしまいます」 とお伝えしたとこ […]

日記

オトナのおやつ「アップルパイ」

明日、映画 『アンダンテ 稲の旋律』 の配給社会議があるので その準備をしていたら、 それだけで一日が終わりそうになってしまって、 何だか寂しくなったので、お菓子を作ることにしました。 実家から送られてきた林檎がそろそろ […]

日記

代官山に引っ越しました。

株式会社サウンドジュエルデザイナーズは、 先月、代官山に引っ越しました。 大好きな街で仕事ができるようになって、 とてもうれしいです。 定款の変更も無事に終わり (住所部分だけちょっと変えるだけなのに、 印紙代(税金)が […]