幸せ

日記

誰かと一緒に

人は何のために生きているのか、ということを考えることが 度々あるのですが、その時によって答えは違います。 今の自分だったら、 「好きなことを誰かと一緒にやるため」 と答えるでしょう。 以前だったら、 「好きなことをやるた […]

日記

良いことも良くないことも

生きていれば、良いことも良くないこともあるでしょう。 一日の中で見てみても、良いことと良くないことが混じり合って 発生します。 良いことが起きた時には、すべて自分の能力のおかげだと思い、 気持ちが大きくなります。 良くな […]

日記

むかしの人が夢見ていたことがことごとく叶った世の中で、 現代の人は幸せを感じて生きているでしょうか

むかしに比べて世の中は良くなっている。 そう思いたいですね。 むかしの人は、その日その日を生きるのが必死だったはずで、 自分の幸せとか豊かな人生などを考える暇もなく、毎日をまさに 生き延びるために過ごしていたと思います。 […]

日記

思い出の中に人生の宝物があります

生まれて良かったと思えるようなことがあるなら、それは、現在 に対してではなく、過去の思い出に対してであると思います。 今現在、嬉しい、楽しい、美味しい、などという気持ちになって いても、それはまだ、生まれて良かったと思え […]

日記

幸せへの一歩

「ああ、生きてて良かったなあ」 とか、 「この世に生まれることができて本当に良かったなあ」 などと思うことがたまにあります。 それは本当に「たまに」であり、そうではないこと、つまり、 良くないこと、苦しいこと、つらいこと […]

日記

今持っているもの

人間は、今持っているものを使い、今いる場所から、幸せ成就へ の道を歩むしかありません。 自分が夢見ている幸せの領域に、一気にワープするなどというこ とはできないのです。 一歩一歩、自分の足で歩いていくしかありません。 誰 […]

日記

選ぶという行動にはストレスが伴います

この世にはありとあらゆる種類の仕事や趣味がありますが、 人間の人生の時間は限られていますから、そのすべてをすること はできません。 つまり、その中からどれか一つを選ぶという作業がどうしても 必要になるのです。 もしも選ぶ […]

日記

幸せになりたいかどうか

毎年お正月になると、妹が家に遊びに来てくれます。 僕より6歳下のかわいい妹です。 お正月は特にすることもありませんから、仕事のことや、これか らの人生の計画などを延々と話すことになるわけです。 3年ほど前、妹は仕事も人間 […]

日記

クリスマスの朝に

朝になって目が覚めて、 枕元にサンタさんからのプレゼントを見つけた子供たち、 良かったですね。 朝になって目が覚めても、 プレゼントを見つけられなかった子供たち、 がっかりしないで。 きみは、他の誰よりも大きなプレゼント […]

日記

たったひとつの良いことのために

今年も終わりに向かって突き進んでいますが、一年を振り返る、 一か月を振り返る、今日の夜寝る前に一日を振り返る、などとし た時に、良いことよりも良くなかったことのほうが多いというこ とは日々実感することです。 数にしたら、 […]

日記

人と会って話ができるという幸せ

僕以外のすべての人は、僕が持っていないものを持っていて、 それを見せてもらったり、その話を聞かせてもらったりすること によって、僕はその世界を知ることができます。 人と話をしなければ知り得ないことがたくさんあります。 人 […]

日記

「自分銀行」への「幸せ貯金」

生活に安心をもたらし、日々の行動を安定させるために貯金を するのと同じように、人を幸せにする仕事を安定的にしていくた めには、まず自分が幸せでなければいけません。 「自分銀行」にする「幸せ貯金」の存在がなければ、他者の幸 […]

日記

あたたかい=幸せ

寒い季節になりますと、あたたかいものが人間の幸せを感じる 度合に密接に結びついていることを意識する機会が多くなります。 凍える寒さの中で口にするあたたかいスープのありがたさに 思わず涙が出そうになることもありますし、寒い […]