音楽

日記

表現の抑制について

何事も、与え過ぎるというのは良くないもので、特に音楽や映画 などの作品作りにおいては、すべてを語ってしまうような表現よ りも、受け手の想像力を喚起し、受け手の体験や想像力を補って 初めて完成するように、意図的に余白を残し […]

日記

たくさんの方法の中から一つだけ選ぶ

音楽やグラフィック、写真など、何かを作るというすべてのこと に共通することですが、 「こうしたい」 と思ったことを実現するために、その方法は一つではなく、 たくさんのやり方があるものです。 たとえば、 「風が吹くような印 […]

日記

新しい音楽は最低でも4回は聴きます

新しくリリースされた音楽を定期的に聴くようにしています。 一度聴いてみてどうしても自分に合わないと思ったもの以外は、 最低でも4回は聴くことにしています。 音楽はスルメのようなもので、噛めば噛むほど味が出たり、 噛み続け […]

日記

言葉と、それを話す人の生き方

人と会い、面と向かってじっくり話をしていると、 「この人はいったいどうしてこんな風に思うように  なったのだろう」 と、その人がその言葉を発するに至ったものの考え方とか、 その人の人生、バックボーンに興味が湧きます。 そ […]

日記

何気ない描写の大切さについて

映画を観ていて、特にストーリーとは関係のない何気ない描写が ずっと頭の中に残り、数年経っても、物語や登場人物は忘れて しまったけれど、その何気ない描写のことがいつも鮮烈に思い出 される、というようなことがあります。 それ […]

日記

好きなものを繰り返し鑑賞します

映画も音楽も本も、いつでもどこにいても好きな時に好きな分だ け鑑賞できる時代になりました。 観たいものや聴きたいものがたくさんあって、1日24時間では 到底足りず、しかし、1日は24時間しかないのです。 そうなりますと、 […]