2020年

日記

salud(サルー)

スペインでは乾杯の時に、「salud(サルー)」と言うそうで、 この言葉には「健康」という意味があるそうです。 「みんなの健康を祝い、みんなの健康を願い、乾杯!」 というところでしょうか。 2021年は、オンラインではな […]

日記

変えるもの、変えないもの

今年も残りあと10日となりました。 たった10日! 気が付けば年が明けているのでしょうね。 2020年は思いがけない出来事が世界を脅かしましたが、2021年は いったいどうなるのだろうと思います。 これまでのような生き方 […]

日記

2020年、ラストスパート

2020年も最後の月に入りましたね。 ラストスパートです。 いつもこの時期になると、深い悔恨の念に苦しめられます。 年初にあれをやろうこれをやろうと計画をしていたことの半分も できていない事実を目の当たりにするからです。 […]

日記

嵐の中、動くか、動かないか

もう間もなく12月、2020年ラストスパートの月に入りますね。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 僕の周囲では、働く環境や住む環境を大きく変えた人たちが多く いらっしゃって、社会の変化、環境の変化に積極的に合わせて 行こう […]

日記

混乱から平静へ

透明な水に、絵の具で色を付けた水滴を一滴落とします。 ぽちゃん。 波紋が広がり、透明な水の中は一時、混乱します。 目に見える色の揺らぎによって複雑で美しい模様ができます。 しかし時間の経過と共に、再び静けさを取り戻してい […]

日記

数か月ぶりの夜の食事会

先日、数か月ぶりに夜の食事会に参加する機会に恵まれました。 渋谷のスクランブルスクエア13階にあるスペイン料理レストラン 「ホセ・ルイス」に席を用意していただいて、素敵な人たちと とても近い距離でお話することができ、美味 […]

日記

現実空間と仮想空間の間に

「袖触れ合うも他生の縁」という言葉が好きです。 ある日、道ですれ違った程度の人とでさえ、時空を超えた深い縁 で結ばれているという考え方です。 何でも無いような赤の他人との間にさえ、何かのドラマがあると いう考え方はとても […]

日記

背中を押されてようやく動きます

僕の故郷である青森からも、コロナ感染の話が聞こえてきて、 関東にいる僕たちはもうそのようなニュースには慣れましたが 青森の人たちは不安な想いでいるのではないかと思います。 2020年の終わりも見えてきていますが、今年は世 […]

日記

2020年を境目とする映画の制作現場のお話

8月の終わりと同時に、あっという間に涼しい夜が訪れて、 季節の変わり目を感じました。 僕の仕事は部屋に籠って行う制作業務のため、今年の春から起き ているコロナの影響はそれほど受けてはいませんが、苦手な夏が 終わり、寒い季 […]

日記

秋の始まりに

あと一週間もすれば8月も終わります。 秋はもう始まっていると言っても、8月中はまだ夏の印象が強く、 心も夏のままですが、9月に入ったら心身共に秋を実感するように なってきますね。 コロナウィルスと共に歩んだ春と夏。 そし […]

日記

生身の人間同士がリアルで会うことの価値

暦の上でも秋が始まり、厳しい残暑が続いていますが、 皆様お元気に暮らしていらっしゃるでしょうか。 世界的な疫病の蔓延によって、今年に入ってから生身の人間と 直接会う機会がとても少なくなりました。 仕事などで毎日のように生 […]

日記

新しいものが普通のものになります

オリンピックが延期になってしまうくらいなのですから、世界的 に見ても今回のコロナウィルスショックは歴史的にも大きな出来 事であり、たとえば仕事のやり方を変えなければならなくなった り、生活様式や生き方を変えなければならな […]

日記

2020年、キリ番の年に何が起こるか

時代の変化と共に、特にインターネットを中心として、これまで にない新しい枠組みが出来上がってきているように感じます。 芸術、商業、金融、政治、宗教などあらゆる分野でそれに即した 新しい規則ややり方がどんどん組み立てられて […]